ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

記憶力をアップさせる魔法の呪文を発見した!

年齢とともに記憶力は落ちるものと思っていませんか? しかし、そんな定説を覆す、記憶力をアップさせる魔法の呪文があります。魔法の呪文で高齢者が現役東大生に記憶力で勝ってしまったのです。『ためしてガッテン』の「記憶力で東大生に勝つ!」で紹介されていました。



スポンサーリンク
記憶力をアップさせる魔法の呪文

高齢者の記憶力アップに効力を発揮

平均年齢68歳のウクレレ同好会メンバーと、東京大学のクイズ研究会メンバーとで、関連のない単語を覚えてもらう記憶力対決を行いました。そのとき、実験の前にある魔法の呪文を伝えると、高齢者の記憶力がアップして現役東大生相手に勝利してしまったのです。

同じような結果は、じつは海外の研究でも報告されています。アメリカで行われた実験によると、単語の記憶力テストで18~22歳のグループと60~74歳のグループを比較。若者グループが48点だったのに対して高齢者グループは29点と、若者グループのほうが記憶力が圧倒的によかったといいます。

ところが、ある魔法の呪文を伝えると、記憶力テストの結果が逆転。若者グループが49点に対して、高齢者グループが50点と記憶力がアップしたのです。もちろん、若者グループにも魔法の呪文を伝えていますが、それは高齢者グループの記憶力アップにのみ効力を発揮しました。

高齢者の記憶力がアップした理由

じつは魔法の呪文とは「心理学テスト」でした。「これは心理学テストです」と伝えてから実験を行ったのです。

高齢者の記憶力がアップした理由は、記憶力テストという言葉を使わないことで、覚えなくてはならないというプレッシャーがなくなったため。じつは海外の研究によると、年齢と記憶力の関係を調べた結果、加齢による記憶力の低下は認められませんでした。

歳をとるにつれておこる記憶力の低下は「記憶力が衰えている」という思い込みが原因とのこと。つまり年齢とともに記憶力が落ちるというのは大いなる誤解です。本人のネガティブな思い込みが記憶力が低下する原因でした。その思い込みがなければ、記憶力はアップさせることができるのです。

■『ためしてガッテン』
【記憶力で東大生に勝つ!】
記憶力アップには自宅の間取りをイメージする
記憶力アップには週3回の有酸素運動が効果的

■「記憶力アップ」おすすめ記事
夫婦の会話で記憶力アップ「ほめあい作戦」
「記憶力」は大人になってからもアップする
記憶力がアップする食べ物はカレーだった!!

■「記憶」おすすめ記事
短期記憶/長期記憶とアルコールの関係は?
浅草の高齢者の記憶力が衰えない理由とは?
アルツハイマーが記憶障害を伴う理由とは?
軽度認知障害の人の記憶力を向上させる方法
酒で記憶をなくしても無事に家に帰れる理由とは

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事