ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

大根おろしの効能はナマだからこそ発揮される

「大根おろしに医者いらず」ということわざがあるように、昔から大根おろしにはさまざまな効能があるとされています。実際、大根に豊富に含まれるビタミンCや消化酵素、辛み成分は加熱すると大幅に減少するもの。大根おろしにするからこそ、その効能が保持されているのです。



スポンサーリンク
大根おろしの効能はナマだから

大根おろしは生食で効能を発揮

生の大根には酵素が豊富に含まれています。デンプン分解酵素であるアミラーゼ、タンパク質分解酵素であるプロテアーゼ、脂肪分解酵素であるリパーゼなどです。

これらは大根おろしで生食することで、その効能を発揮します。というのも酵素は熱に弱く、50度前後の温度で失活してしまうからです。大根おろしの効能は、大根を生で食べることにあるといえるでしょう。

揚げ物や焼き魚などの油っこい食べ物に大根おろしを添えるのも、じつに理にかなった食べ方といえます。さっぱりと食べられるだけでなく酵素の効能で消化を促す効果が得られるのです。

大根おろしは美肌の効能もある

大根おろしにすることで生まれる辛み成分「イソチオシアネート」も忘れてはいけません。この成分は大根に初めから存在しているのではなく、おろしたり切ったりすることで細胞が壊れ、酵素が化学反応をおこしてイソチオシアネートになります。

イソチオシアネートを生成する際に必要な酵素もまた熱に弱いため、加熱調理してしまうと生成が阻害されてしまいます。化学変化をおこさせるには、大根おろしが一番です。

イソチオシアネートには解毒作用や殺菌作用、抗炎症作用があり、食中毒予防、発がん抑制などの効能アリ。血液サラサラ効果で血栓予防、抗酸化作用により美肌やアンチエイジングの面でも効能があります。

■「大根おろしの効能」おすすめ記事
大根の栄養を損なわずに大根おろしをおろすコツ

■「効能」おすすめ記事
にんにくの効能はNK細胞の活性化にあった!
玉ねぎの効能に胃がん予防!水にさらしちゃダメ

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事