ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

甘酒効果!75歳以上が2割を超える長寿の村

甘酒の健康効果で、75歳以上の割合が2割を超える長寿の村があります。それが、人口1,144人の山梨県棡原(ゆずりはら)の集落です。「飲む点滴」と呼ばれる甘酒効果など、その長寿の秘密を見ていきましょう。『駆け込みドクター!』で「ニッポンが誇る長寿村」で紹介されていました。



スポンサーリンク
甘酒効果!長寿の村

酒粕の甘酒は健康効果が期待できない

棡原の集落では、人口に対する75歳以上のご長寿の割合が21.2%も占めています。何を食べると長生きできるのでしょう?

棡原の長寿ポイントは「甘酒効果」にあります。この地域でよく食べられている酒まんじゅうは、別名「長寿まんじゅう」とも呼ばれているとか。なんと甘酒を練り込んで作っているのです。

一般的に甘酒といえば、酒粕をお湯にといて砂糖で味付けしたものがよく見られます。しかし、酒粕で作った甘酒にはそれほどの健康効果は期待できません。

甘酒が練りこまれて健康効果バツグン

棡原で作られている甘酒は、米と麹を使ってじっくりと発酵させたもの。この製法で作られた甘酒は栄養が豊富。「飲む点滴」と呼ばれるように、ブドウ糖やビタミン、アミノ酸など点滴と同じ成分が豊富に含まれているのです。

これが酒まんじゅうが長寿まんじゅうと呼ばれる理由。甘酒が練りこまれた酒まんじゅうは健康効果バツグン。人間に必要な多くの栄養分が詰まっています。

このほか、棡原の食の中心が「麦」であることも長寿の秘訣。斜面が多い山間部のため、畑で育つ麦が食の主流となっています。麦ご飯は食物繊維が豊富で、血糖値の上昇を抑えます。カルシウムやマグネシウムも豊富です。

「野菜たっぷり味噌汁」も棡原の長寿食材。ほうれん草はカロテンが豊富で、老化防止に効果があるといわれています。斜面で栽培されている「モロヘイヤ」も長寿ポイントです。カルシウムやβカロテンが豊富。疲労回復を促すミネラルも豊富に含みます。

■『駆け込みドクター!』
【ニッポンが誇る長寿村】

沖縄の平均寿命が長いのは食材に秘密があった
長野の長寿の秘密は「減塩指導」のたまもの
長寿の秘訣は食にアリ!オススメ食材ベスト8
嗣永桃子は鉄欠乏性貧血!鉄瓶お茶指導を受ける

■「酒」おすすめ記事
お酒で顔がすぐ赤くなる人は「がん」になる
お酒を飲まない人にも発症する肝炎の症状とは?
寝酒は無呼吸症候群を悪化させて突然死を招く!?
酒で記憶をなくしても無事に家に帰れる理由とは

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事