ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

コラーゲンを効果的に摂るなら「1週間おき」

コラーゲンの効果を検証すべく、コラーゲンを毎日摂る人と一週間おきに摂る人で、肌の密度とキメを比較。すると、コラーゲンを効果的に摂るなら「1週おき」にするのがベストということが判明したのです。『カスペ!』の「間違いだらけの健康ジョーシキ」で紹介されていました。



スポンサーリンク
コラーゲンを効果的に摂るなら「1週間おき」

コラーゲン効果を双子で検証

番組では、双子の「リリーズ」でコラーゲン効果を検証することにしました。ちなみに2人は50代で、姉の奈緒美さんは3児の母、妹の真由美さんは永遠のアイドルを貫いて独身です。

さっそくスッピン状態のコラーゲンの密度をチェック。チェックするのは「目元・頬・口元」のほか、最近話題の「ゴルゴライン」の4箇所です。ゴルゴラインは目の下のシワのこと。加えて、肌のキメの変化にも注目します。

そして、姉の奈緒美さんはコラーゲンを1週間おきに摂取、妹の真由美さんは毎日摂り続けます。検証期間は1ヶ月です。まず最初の1週間は、ともにコラーゲンを毎日5千mg摂る食事を行います。そして、2週目は姉の奈緒美さんはコラーゲンなし、妹の真由美さんはコラーゲン摂取を継続。3週目は2人とも、毎日5千mgを摂取するという流れです。

コラーゲンは1週間おきが効果的

コラーゲンを毎日摂り続けた妹の真由美さんの計測結果を見てみると、コラーゲン密度はグッと上がった1週目以降、2週目はゆるやかな上昇、その後3週目、4週目と少しずつ上昇しました。ずっと食べ続けたにもかかわらず、意外な結果です。

1週間おきにコラーゲンを摂った姉の奈緒美さんの結果は、コラーゲン密度は1週目はあまり上がりませんでしたが、2週目にはグンと上昇。その後さらに伸びて、コラーゲンをとっていない4週目もグッと上がっています。食べていない週でも、コラーゲン効果はずっと上がり続けるという結果でした。

2人の上昇率を比べてみると、1週間ずつコラーゲンを摂った姉の奈緒美さんのほうが、よいという結果。なかでも「目元」はコラーゲンの密度を表すスコアが「61→91」へと、最高の「100」近くまで上昇しました。

肌のキメもコラーゲン密度と同様、姉の奈緒美さんのほうが、1か月にわたって改善。姉の奈緒美さんが「38→67」、妹の真由美さんが「35→53」と、最終的に「10」以上も差が開いてしまいました。すなわち、コラーゲンは毎日摂るより、1週間おきに摂るほうが効果的なのです。

■「コラーゲン効果」おすすめ記事
コラーゲン効果は食べた翌日に出ることはない
コラーゲン効果で肌がぷるんぷるんになる理由

■「ニキビ」おすすめ記事
偽ニキビの治し方!3タイプある原因と対策とは?
背中ニキビの原因は「マラセチア菌」だった
鼻にできたニキビは死に至るめんちょうかも!?
その大人ニキビは顔にできたイボかもしれない

■「シワ」おすすめ記事
シワの原因は骨の老化!1日2分の若返り運動
「首のシワ」が白のコンシーラーで消えた!

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事