ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

炭酸水の効果は胃腸だけでなく傷も治してくれる

「骨が溶ける」「歯がボロボロに」など炭酸の都市伝説はいろいろ。そこで、炭酸水の本当の効果について検証しました。炭酸水には「便秘予防・熱中症予防・胃がよくなる・傷が治る」という4つの効果があったのです。『ためしてガッテン』は「炭酸パワー」で紹介されていました。



スポンサーリンク
炭酸水の効果は胃腸だけでなく傷も治す

炭酸水の効果を口々に証言

大分県由布市の阿蘇野地区は、天然の炭酸水が湧いている場所。家庭にある蛇口をひねれば炭酸水が出てくるため、家庭で当たり前のように飲まれています。また、牛などの家畜の飲み水にも使われているほどです。

阿蘇野地区の炭酸水へのこだわりは相当なもの。食後のコーヒーも炭酸水で入れるのだとか。住民も口々に、炭酸水は天然の薬…と話しています。便秘予防にも効果があるという人もいれば、傷がきれいに治ったという人もいました。

炭酸水の評判を聞きつけて、県外からも多くの人が訪れます。実際に炭酸水を汲んでいる人たちも「胃が悪かったけど改善した」とその効果を証言。最初は信用しなかったものの、だんだんハマる人が多いようです。

4つの炭酸水の効果とは?

実際、阿蘇野地区では次の4つに炭酸水の効果があるといわれています。「便秘予防」「熱中症予防」「胃がよくなる」「傷が治る」です。一見、あまり関連性のない4つの効果ですが、これらの効果は科学的にも正しいのでした。

炭酸水が肌に触れると、皮膚が赤くなるという現象がおこります。これは炭酸水によって皮膚の表面がその瞬間に酸欠状態になっているため。すると体が酸素を送ろうと、血流を高めて皮膚が赤くなるのです。

そして、その血流上昇が胃腸に効果を発揮すると「便秘予防」「胃がよくなる」につながります。「熱中症予防」も胃の血流がアップして水の吸収がよくなるため。「傷が治る」のも、皮膚の血流の上昇が寄与しているのでした。

■「炭酸水の効果」おすすめ記事
炭酸が吹き出さないペットボトルの開け方とは
炭酸水の効果は酸欠!血流アップに秘密アリ
炭酸水ダイエットが食事前に飲むだけで痩せる理由

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事