ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

こむら返りの原因はもしかして糖尿病かも!?

睡眠中のこむら返りはマグネシウム不足が原因といわれますが、一晩に2~3回もおこるときは注意が必要。こむら返りの原因はもしかして糖尿病かもしれません。また、服用している薬によってもこむら返りの原因となることもあります。こむら返りの原因を詳しく見ていきましょう。



スポンサーリンク
こむら返りの原因は糖尿病かも

こむら返りの原因はセンサーの誤動作

こむら返りとは、ふくらはぎの筋肉である腓腹筋が、自分の意思とは関係なく生じる痛みをともなう痙攣のこと。夜間のこむら返りは50歳以上の人の半数以上にあるといいます。

こむら返りのメカニズムはまだよく解明されていません。ただし、筋肉が収縮しているという情報を脊髄に伝えるセンサーがうまく働いていないと、こむら返りがおきやすい状態なることはわかっています。

筋肉の疲労によってこのセンサーの誤動作が発生しやすくなるため、通常のこむら返りは運動中におこるもの。睡眠中は足が伸びてふくらはぎの筋肉が収縮している状態ですが、このときにセンサーの誤動作が発生することがこむら返りの原因と考えられます。

こむら返りの原因が糖尿病の場合も

そして、睡眠中のこむら返りが頻繁におこる場合、末梢神経が傷害される疾患や腰の骨の病気などが疑われます。

とくに糖尿病は、血中にいつまでもブドウ糖が残存することで血管内皮や抹消の組織に障害が出る病気。とくに脚の神経がおかしくなることも多く、こむら返りの原因が糖尿病の場合もあるのです。

このほか、高血圧や脂質異常症の薬、利尿薬などがこむら返り原因となることもあります。それでも原因がはっきりしない場合は、基礎疾患のない「夜間有痛性筋痙攣」という病名と診断されることになるのです。

■「こむら返りの原因」おすすめ記事
こむら返りの原因はマグネシウム不足だった

■「ふくらはぎ」おすすめ記事
「ふくらはぎ」を揉んで「肩こり」を解消!!
1日10分「ふくらはぎ健康法」で血圧を下げる!!
ふくらはぎのむくみに重大な病気が隠れている

■「マグネシウム」おすすめ記事
マグネシウム不足を食品で解消する秘策とは?

■「糖尿病」おすすめ記事
皮膚に出る赤いポツポツは「糖尿病」が原因
糖尿病予備軍もわかる皮膚症状セルフチェック
しびれがヨコに現れたら「糖尿病」のサイン
血糖値を下げる糖尿病治療「食前キャベツ」とは?
「指先のしびれ」その原因を見分ける方法!!

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事