ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

女性を口説くなら選択肢を3つ以上用意せよ

ある商品について「ほしい」か「ほしくないか」と聞くと、たいていの人は「ほしくない」と答えるものです。しかし、選択肢が3個以上のあるとき、人は否定ではなく「選択」をしたくなる習性があります。



スポンサーリンク
shop4

販売の場でこの理論を応用すると「いりますか?いりませんか?」と聞くのではなく、「Aですか?Bですか?Cですか?」という選択肢を用意して質問するのです。もしかしたら異性を口説くときに「デートしませんか?」という質問ではなく、「映画?ドライブ?遊園地?」といったように、選択肢で選ばせるように聞くと効果があるかもしれません。

ただし、選択肢はやみくもに多ければよいわけではないとか。人は20個以上選択肢がると、選びたくなくなる生き物なのです。選んでもらうとしたら、8~9個の選択肢が限界といいます。これは男女どちらにも当てはまります。

つまり、選択肢を用意するなら「1個よりも3個」にすれば、どれかを選ぶように仕向けることが可能に。さらに選択肢を「8~9個」にすると、もっともよく考えて選ばせることになるのです。ただし「20個以上」になると、やる気がなくなってしまいます。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事