ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

「目のズレ」が原因の肩こりを解消する方法

肩こりの意外な原因が「目のズレ」。まぶたを閉じたときと開けたときの目のズレの大きさが、自律神経の暴走を招いて肩こりを発症させるのです。そんな目のズレが原因の肩こりを解消する方法を探っていきます。9月16日放送『みんなの家庭の医学』の「長引く不調を解消!3つの新事実SP」で紹介されていました。



スポンサーリンク
「目のズレ」が原因の肩こりを解消する方法

肩こり解消に目を蒸しタオルで温める

「目のズレ」が原因の肩こりのはどのように治療すればよいのでしょう? 一般的にはマッサージやストレッチを行いますが、それでは根本的な治療にはなりません。

もっとも大切なのは目の負担を少なくすることです。そこで、目の負担を軽減して肩こりを解消できる2つの方法を紹介しましょう。

1つめは「目を蒸しタオルで温める」こと。やることはいたってシンプル。温めた蒸しタオルを目の上に置いて5分温めるだけです。こうすることで目の周りの血流がよくなり、ズレを矯正していた筋肉の疲労が回復しやすくなります。

すると、自律神経も穏やかな状態になって肩こりも軽減するのです。これを1日3回行うだけ。誰でも手軽に試せる肩こり改善術です。

プリズム眼鏡で肩こりを根本から解消

そして、2つめの肩こり改善術は医療の現場で実際に行われている方法。それは「目のズレにあわせたプリズム眼鏡を使う」ことです。

プリズム眼鏡とは、眼精疲労などを軽減させる目的で開発された特殊な眼鏡。レンズの厚さをその人の目のズレに合った角度に調節します。

そうすることで、目のズレを矯正しなくてよくなり眼精疲労が軽減。ひいては肩こりも改善されるというわけです。とくに目の疲れを引き起こす、近くのものを見るときに使用するだけで効果があります。

実際、目のズレによるしつこい肩こりに悩む人に、この改善法を2週間実施してもらいました。すると、硬くなっていた僧坊筋の硬さが大幅に軽減。毎日感じていた夕方の目の疲れや首の張りが確実に軽減したと話します。

■9月16日放送『みんなの家庭の医学』
【長引く不調を解消!3つの新事実SP】

治らない肩こりの原因は目のズレだった!?
お酒を飲まない人にも発症する肝炎の症状とは?
下戸でも肝炎を発症する「ナッシュ」とは?
細胞シート治療で心筋を再生する2回の手術とは?

■「肩こり」おすすめ記事
「肩こり」の影に重大な病気が潜んでいる!?
肩こり解消!背骨のゆがみをタオルで矯正!!
肩甲骨のゆがみが「肩こり」を引き起こす!
「ふくらはぎ」を揉んで「肩こり」を解消!!
ひどい肩こりは「くも膜下出血」の危険アリ
猫背の肩こりを解消するゆがみリセット方法

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事