ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

大腰筋が衰えると椅子に深く座るのが苦痛になる

大腰筋が衰えると、お腹に脂肪がつきやすくなり、内臓が下垂して出っ張ってきます。大腰筋は骨盤を正常に保つ役割もあるため、上半身の姿勢も正しく保てなくなってしまうのです。そこで、大腰筋が衰えているかどうかのチェック方法を紹介しましょう。椅子に深く座るのが苦痛なら大腰筋が衰えています。



大腰筋が衰えると椅子に深く座るのが苦痛になる

大腰筋が衰えると下腹部ぽっこり

大腰筋は鍛えるだけでお腹痩せできます。逆に、下腹部がぽっこり出てきたら大腰筋が衰えている可能性大。大腰筋が衰えて骨盤が正常な前傾を保てなくなると、内臓を支えている腹筋の緊張がゆるんで内臓下垂が発生するからです。

ふだんから猫背など姿勢の悪い人も、大腰筋が衰えているに違いありません。正しい姿勢の人と比べて、姿勢の悪い人は大腰筋が明らかに細く衰えていることがCT画像で確認されています。

椅子に深く座るのが苦痛なら、大腰筋が衰えています。大腰筋が弱ると骨盤が後傾して寝た状態になるため、背筋を伸ばした姿勢がとりにくくなるのです。椅子に浅く腰かけるクセがある人は大腰筋の衰えに要注意です。

大腰筋が衰えると階段が苦痛になる

大腰筋の働きは足を引き上げること。歩いていてよくつまづくのも大腰筋が衰えているかもしれません。自分が思っているより足が上がらない現象は、大腰筋が衰えているときの典型的な症状です。

大腰筋が衰えると、歩くスピードが遅くなります。大腰筋の働きである足の引き上げが弱くなると、自然と歩幅が狭くなって歩くスピードが低下するのです。ふだんから大股歩きを心がけると大腰筋を鍛えられるでしょう。

階段を上がるが苦痛というのも、大腰筋の衰えている証拠。大腰筋が衰えると思ったように太ももが上がりません。エスカレーターを使うようになると、ますます大腰筋が弱体化してしまいます。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事