ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

内臓脂肪レベルが一定量を超えてつく異所性脂肪

人間は栄養を摂取したとき、余ったエネルギーを脂肪として蓄えます。脂肪がまず蓄積されるのは皮下脂肪。その許容量を超えると今度は内臓脂肪に蓄積されます。その内臓脂肪レベルの許容量を超えてエネルギーが余ったときに発生するのが異所性脂肪です。異所性脂肪はさまざまな病気を引き起こします。



内臓脂肪レベルが一定量を超えてつく異所性脂肪

内臓脂肪レベルを超えると異所性脂肪

異所性脂肪は概念としては以前から知られていたもの。ただし、医学的に異所性脂肪という言葉が使われ出したのは6~7年前ほどです。異所性脂肪は、いわば場違い脂肪とも呼ばれるものになります。

異所性脂肪と普通の脂肪には大きな違いは、その名のとおりつく場所です。内臓脂肪や皮下脂肪は本来的に脂肪が溜まる場所です。しかし、異所性脂肪は本来、脂肪が溜まってはいけない場所に溜まる脂肪。だから異所性なのです。

ここで異所性脂肪が発生するプロセスを見ていきましょう。簡単にいえば、内臓脂肪レベルが一定量を超えると異所性脂肪は発生するもの。そもそも人間は食事で栄養を摂取すると、余ったエネルギーを皮下脂肪として蓄えます。

内臓脂肪レベルを超えて行き場を失う

皮下脂肪は人間が生きていくうえで必要な脂肪。本来、脂肪が溜まってもよい場所なので、脂肪をある程度溜めても病気にはつながりません。ところが、余分な栄養を摂りすぎて皮下脂肪の許容量を超えると、今度は腸のまわりに脂肪が溜まります。

これが生活習慣病にもつながる内臓脂肪。そして、内臓脂肪レベルが一定量を超えてしまうと、行き場のなくなった脂肪は、最後に本来は溜まってはいけない場違いな場所に異所性脂肪として溜まってしまうのです。

内臓脂肪レベルが一定量を超えてつく異所性脂肪は、筋肉と置き換わるのがよくあるケース。また、心臓のまわりに異所性脂肪がついてしまったために、心筋梗塞を引き起こす場合もあるのです。

■「内臓脂肪レベル」おすすめ記事
内臓脂肪レベルを減らすチャンスは空腹感だった
内臓脂肪レベルを下げるウォーキング法とは?

■「内臓脂肪」おすすめ記事
内臓脂肪の危険度レベルがわかるセルフチェック
尋常性乾癬に肥満は厳禁!過剰な内臓脂肪が原因
インスリン抵抗性の原因は「内臓脂肪」だった
内臓脂肪の落とし方は空腹を少し我慢しての食事

■「脂肪」おすすめ記事
標準体重なのに脂肪肝!?「NASH」って何?
悪玉コレステロールの元凶は「飽和脂肪酸」
膝の痛みの原因「皮下脂肪」をつまんで治す
アディポネクチンを増やすには脂肪量を増やす!?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事