ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

大腰筋の鍛え方はタオルを足にかけて負荷にする

大腰筋の鍛え方というのはなかなか難しいもの。というのも、大腰筋はいわゆるインナーマッスルであるため直接、手で触れることができません。大腰筋は意識しづらい筋肉なのです。そんな難しい大腰筋の鍛え方には、タオルを使ったエクササイズがお手軽。効果的に大腰筋を鍛えられます。



大腰筋の鍛え方はタオルを足にかけて負荷にする

大腰筋の鍛え方はアイソメトリック

大腰筋は背骨の腰部から大腿骨をつないでいるインナーマッスル。歩くときなどに足を引き上げるときに使われます。タオルを使った大腰筋の鍛え方は、この足を引き上げる動きを負荷をかけて行うというものです。

じつは、筋肉の鍛え方には2タイプあります。関節を動かしながら筋力を発揮する「等張性収縮」と、関節を動かさないで筋力を発揮する「等尺性収縮」です。等張性収縮はいわゆる筋トレ。ダンベルを持って腕を曲げ伸ばすような鍛え方です。

一方の等尺性収縮は、アイソメトリック収縮とも呼ばれる筋肉の鍛え方。胸の前で手を合わせて押し合うことで、大胸筋を鍛える方法がよく知られています。タオルを使った大腰筋の鍛え方は、このアイソメトリック収縮の筋トレです。

大腰筋の鍛え方は幅広く対応できる

タオルを使った大腰筋の鍛え方は、仰向けになって行います。片足を上げたら、タオルを太もものひざ寄りにかけてください。この体勢でひざを手前側に引き寄せながら、両手でタオルを足先側に押すのです。片足10秒ずつ、3セット行います。

タオルを使った大腰筋の鍛え方は、椅子に座った状態でもトレーニング可能。椅子に浅く腰かけて、太もものひざ寄りにタオルをかけたら、ひざを上に持ち上げながら両手でタオルを下に押すのです。片足10秒ずつ、3セット行います。

自分の脚力と腕力と体重を使って行うのが、タオルを使った大腰筋の鍛え方。体力のない高齢者から、体力に自信のあるアスリートまで幅広く対応できるエクササイズなのです。ぜひチャレンジしてください。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事