ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

ポリフェノールは飲み物でこまめに摂ると効果的

ポリフェノールには体によい効果が期待できます。ポリフェノールの多くは水に溶けやすいため体に吸収されやすいのですが、逆に体の中に長くとどまることができません。このため、ポリフェノールは飲み物でこまめに摂ると効果的なのです。『主治医が見つかる診療所』で紹介されていました。



スポンサーリンク
ポリフェノールは飲み物でこまめに摂ると効果的

ポリフェノール効果が高い飲み物

ポリフェノールは一度のたくさん摂っても、摂りだめができません。このため、飲み物で少しずつコツコツ摂っていくことが効果的。ポリフェノールは4時間おきに摂るとよいでしょう。

ポリフェノール効果が高い飲み物ではコーヒーや緑茶がよく知られています。そこで、飲み物100gあたりのポリフェノール量ランキングを見てみましょう。5位はココアの62mg、4位は緑茶の115mg、3位はコーヒーの200mg、2位は抹茶の214mgです。

ポリフェノール効果の高い飲み物の1位は赤ワインの230mg。とはいえ、赤ワインをこまめに摂っていては、1日中酔い続けなければなりません。ポリフェノールを飲み物で摂るならコーヒーが効果的でしょう。

ポリフェノール効果が強い赤ワイン

なお、赤ワインのポリフェノールでたくさん入っているのがタンニンです。タンニンは非常に強い抗酸化活性を持っています。いろいろなところで病気を防いでくれる優秀なポリフェノールです。

この赤ワインのポリフェノールの量は、ブドウのできた年によって違ってます。ワインの当たり年と呼ばれる年は、ポリフェノールの量も多いというのが一般的です。

また、赤ワインのポリフェノールの強さは、5年から10年ぐらいかけてだんだん上がってきます。このため、できたばかりの赤ワインよりも、5~10年熟成させたもののほうが、ポリフェノール効果が強いのです。ポリフェノール効果を求めるなら、2010年前後の赤ワインを選ぶとよいでしょう。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事