ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

便秘改善には「うつ伏せ1日10分」が効果的

お薬や食生活、マッサージなど便秘が改善するといわれるものはいろいろ。しかし、いまひとつ効果を感じられないという人も多いでしょう。じつは便秘改善には「うつ伏せ1日10分」が効果的。この方法でがんこな便秘の8割が改善するといいます。『ガッテン』で紹介されていました。



スポンサーリンク
良性発作性頭位めまい症「寝返り」で治療できる

便秘改善に4人が2週間チャレンジ

埼玉県に住んでいる女性は以前、便秘が原因でとんでもない経験をしました。飲食店に食事をしに行った帰りに、お腹が痛くなったという女性。じつは、そこから救急車に運ばれたのでした。

そんながんこな便秘に悩む女性を筆頭に、便秘で困っている4人の女性が、大腸のガスを出して便秘を改善する方法に2週間チャレンジします。便秘改善のためにやることは、寝る前に床にうつ伏せになること10分間。そのあと、左右に体を5回ずつひねるだけです。

時間にしてわずか15分ほど。ところが、これを2週間続けてもらったところ、全員にハッキリとした変化が現れたのです。

4人全員の便秘が改善方向に向かう

まずは救急車で運ばれるほど重症の便秘だった女性。2週間のチャレンジで、ガスが出ることに関してはかなり実感があるといいます。便の量は若干、増えたかなと印象です。

便秘をするとお腹が張るという女性は、スッキリと出るように改善したとのこと。お腹の張りもまったくないといいます。別の女性はお通じ以外の効果も実感しているとか。2週間で体重が3kgも減ったのです。

最後の女性は、以前は10日間も出なかったお通じが、いまは7日、5日、4日と少しずつ間隔が縮まってきたと話します。結果としては、4人全員の便秘が改善方向に向かっているのでした。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事