ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

鼻呼吸は保湿のため2つの穴を交互に使っていた

口呼吸を鼻呼吸に変えるだけで免疫力はアップします。というのも、口呼吸をするとのどの粘膜がすぐ乾いてしまいますが、鼻呼吸の場合は鼻水によって空気が加湿されて粘膜の乾燥を防止。空気中のウイルスや細菌を効率よくキャッチします。しかも、鼻呼吸は保湿のため2つの穴を交互に使っているのです。



スポンサーリンク
鼻呼吸は保湿のため2つの穴を交互に使っていた

鼻呼吸は鼻水を出して加湿する

免疫力アップに必要なことは、口をしっかり閉じて鼻で呼吸をすること。本来、人間は鼻で吸って鼻で吐くのが当たり前の呼吸。このため、口呼吸は体に悪いということになりますが、なかでも一番の問題点は粘膜が乾燥してしまうことです。

粘膜はしっとりと湿っていてこそ、ウイルスや細菌などから体と守れます。それが乾燥してしまっては、ばい菌に侵入されやすい体になってしまうのです。このため、口呼吸によって免疫力がダウンします。

一方、鼻呼吸はまったく違う環境。そもそも体の中に乾燥した空気を入れこむことは、体にとっては危険なことです。そこで、粘膜は1日1リットルくらいの鼻水を出して加湿に使っています。

鼻呼吸は左右の穴を交互に使う

鼻呼吸は、鼻水によって空気が加湿されて乾燥が防げるだけでなく、空気中のウイルスや細菌を効率よくキャッチ。これが、鼻呼吸にするだけで免疫力がアップする理由になります。

さらに、鼻呼吸の最大のメリットは、鼻の穴が2つあること。多くの人は気づいていませんが、鼻呼吸はいつも2つの穴で息をしているわけではありません。鼻の穴はどちらか一方で呼吸をしているのです。

右の鼻の穴で呼吸をしていると、2~3時間たつと左の鼻の穴に移っています。この左右の鼻の穴を2~3時間おきに交互に使うのがネイザルサイクル。こうして粘膜が常に潤った状態を保つことができるのです。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事