ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

ツボ押しで体のさまざまな部位をスッキリさせる

手軽にできるケアとして人気のツボ押し。ツボがある場所には「血管・リンパ・神経」の3つが集中。それが全身を巡っているため、ツボ押しでいろいろな効果が出るわけです。ツボ押しで体のさまざまな部位をスッキリさせる方法を紹介しましょう。『主治医が見つかる診療所』で紹介されていました。



スポンサーリンク
ツボ押しで体のさまざまな部位をスッキリさせる

ツボ押しで足のむくみがスッキリ

まずは、足のむくみをスッキリさせるのが「衝門(しょうもん)」です。衝門は、腰の出っ張った部分である腰骨と恥骨を結んだラインのほぼ中央にあります。実際に押してみて、響く感覚やしびれる感覚がある場所がツボの位置です。

衝門のツボ押しのポイントは、まず両手の親指を重ねて当ててください。続いて、前かがみになって親指に体重をグーッとかけて、親指のはらで10秒間押します。10秒押したら5秒休憩。これを3セット行うのです。逆の足も同様に行います。

続いて、二の腕のたるみをスッキリさせるツボを紹介しましょう。脇の下にある「極泉(きょくせん)」というツボになります。極泉があるのは、脇の下の中央のへこんだ場所のあたりです。

ツボ押しで顔のむくみがスッキリ

肩の三角筋を親指がわきの下に来るようにして掴んでください。探るように脇の下の真ん中を探すと、コリコリした場所が見つかるでしょう。このコリコリした場所を、その硬い方向に向けて10秒押すのです。

二の腕やひじの内側、小指側にジーンという感覚があれば正しいツボ押し。10秒押したら5秒休憩。これを3セット行います。反対側の脇の下も、同じように3セット行ってください。

さらに、顔のむくみをスッキリし、しかも美肌になれるツボが「合谷(ごうこく)」になります。場所は、手の甲の親指と人差し指の間です。2本の指を通る骨がちょうど交わる場所のやや内側に、親指がはまるくぼみをツボ押しします。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事

    関連する記事は見当たりません。