ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

お腹痩せ即効エクササイズはイスとタオルを用意

お腹痩せに即効性のあるイスで行うエクササイズのやり方を紹介しましょう。お腹痩せに即効性のあるエクササイズは、準備運動となるストレッチと筋トレ2種の組み合わせ。お腹痩せの即効ポイントはお腹のインナーマッスルと骨盤底筋になります。『主治医が見つかる診療所』で紹介されていました。



スポンサーリンク
お腹痩せ即効エクササイズはイスとタオルを用意

お腹痩せに即効性のあるストレッチ

お腹痩せに即効性のあるエクササイズは、まず右足の股関節の前の部分をストレッチします。バスタオルを座面にひいたら、椅子を横向きに使って右ひざを座面に乗せて、左足をやや前に出して大きく息を吸います。

次に、息をゆっくり吐きながらお腹を引っ込め、その状態を維持したまま左ひざを曲げるのです。右足の股関節から太ももにかけてストレッチします。お腹に力を入れたまま30秒ほどキープしてください。

今度は、椅子に対して反対向きになって、左ひざを椅子の上に乗せて右足をやや前に出して大きく息を吸います。ゆっくりと息を吐いてお腹に力を入れながら、ゆっくりと右ひざを曲げ、左の股関節から太ももにかけてを伸ばすのです。無理のない範囲で伸ばしましょう。この姿勢も30秒ほどキープします

本題のお腹痩せ即効エクササイズ

なお、この左右のストレッチで左右差を感じる人もいるはず。右利きの人は右側の股関節が硬い人が多いのです。楽なほうばかりストレッチしていると、左右差はどんどん広がってしまいます。硬いほうをしっかり長めにストレッチしてください。

そして、本題のお腹痩せ即効エクササイズはイスに座り、両手を椅子の後ろについて座ってください。大きく息を吸ったら、吐きながら背筋を伸ばしてお腹に力を入れます。さらにここで、お尻の穴を締めるように力を入れたらお尻を浮かせて10秒キープ。浮かせるのが難しい人は、お尻に力を入れるだけでもOKです。

次に、お腹を引っ込めた状態でお尻の穴を締めたまま、右足を上げて5秒ほどキープ。今度は左足も同様に上げて5秒ほどキープするのです。これを1セットとして、1日3セットを毎日行うと、見違えるように即効でお腹痩せが実現します。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事