ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

体幹ストレッチで姿勢がよくなると若々しくなる

現代人はスマホなどを見るときの姿勢の悪さが原因で、体幹が硬くなりがち。体幹とは体の軸となる胴体部分のこと。体幹を柔らかくしなやかにすると、自然に姿勢がよくなって、若々しく見えます。そこで、体幹ストレッチのやり方を紹介しましょう。『主治医が見つかる診療所』で紹介されていました。



スポンサーリンク
体幹ストレッチで姿勢がよくなると若々しくなる

体幹ストレッチは背中とお腹を伸ばす

体幹部分をしなやかに使えないと、動きのバランスが取れません。転倒につながってしまったり、姿勢の悪化にもつながります。そこで体幹を整えることで、若々しさや健康が保てるのです。

そこで実践したいのが体幹ストレッチです。まず手の平とひざを肩幅に開いて、床に四つん這いの状態になります。まずはおへそを見るように、背中を丸めて伸ばす動作から。5秒ほどキープします。

次に、顔を上げながら背中を反らして、お腹の筋肉を伸ばします。これも5秒キープ。体幹ストレッチはこの背中とお腹を伸ばす動作を1セットにして、1日5回程度行えばOK。体幹がしなやかに使えるようになってくるはずです。

体幹ストレッチ上級編は片ひざ立ち

この体幹ストレッチができるようになったら、さらに上級編のストレッチに挑戦しましょう。体幹ストレッチ上級編は、片ひざ立ちになって両手を組んで頭上にあげた姿勢からスタートです。

そのまま前にゆっくりと体重をかけていきます。前の足のかかとが浮かないようにすることがポイント。今度は前の足を伸ばして体重を後ろにかけます。このとき、太ももの裏が伸びるように意識するのがポイントです。

また、おへそが太ももが近づくように意識すると効果的。この体幹ストレッチ上級編も、5秒ずつキープして前後で1セット。これを5回ほど繰り返します。より体幹がしなやかに使えるようになってくるでしょう。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事