ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

ゴキブリ体操は手足を揺らさず上げるだけで効果

足のむくみが気になる人にはゴキブリ体操がおすすめです。足のむくみの原因は、滞留してしまった血液にあります。ゴキブリ体操の効果は、手や足を心臓より高い位置に持ち上げることで、心臓に血液を戻しやすくすることです。足のむくみを解消するゴキブリ体操のやり方を紹介しましょう。



スポンサーリンク
ゴキブリ体操は手足を揺らさず上げるだけで効果

足のむくみを解消する血液の循環

じつは全身にある血管の90%以上が毛細血管です。そのうちの70%が集中しているのが手足になります。ゴキブリ体操は毛細血管の流れも活性化させて、血液の循環をよくして足のむくみを解消するわけです。

一方で、人間の体の構造上、足のむくみは避けらられないもの。二足歩行をする人類は、地球の重力の影響から逃れられません。体の中を循環している血液は、重力によって一番下部にある足に滞留してしまうのです。

毛細血管の中に染み出した水分は、再び静脈に戻るかリンパ管に流されるのが通常。ところが、足の血流が滞ると染み出した水分が過剰に溜まってしまいます。こうして、水分が過剰に溜まった状態が足のむくみです。

ゴキブリ体操で足のむくみを解消

足のむくみが気になる人は、できるだけ毎日、1分だけでもいいのでゴキブリ体操を実践してください。ゴキブリ体操の効果は足のむくみの解消だけでなく、高血圧予防などの効果も期待できます。

ゴキブリ体操は仰向けに寝て、首の下に小さめの枕を当てたら準備完了。できるだけ体に垂直になるように手足を上げたら、つま先は体と平行になるようにアキレス腱を伸ばし、手の指は軽く伸ばします。

この体勢で手足全体を同時に、小刻みにぶるぶると振動させるのです。30秒ほど振動させたら手足を下ろして休みます。ゴキブリ体操はこれを1セットとして、3セット繰り返します。うまく振動できない場合は、上げるだけでも大丈夫です。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事