ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

アイソメトリクスで二の腕を部分痩せする方法

二の腕を部分痩せすることを目的にダイエットしている人は多いはず。しかし、ダイエットでは部分痩せは期待できません。二の腕を部分痩せすることが目的なら、ピンポイントのエクササイズを加える必要があります。そんな二の腕の部分痩せには、アイソメトリクスが簡単にできて、しかも効果的なのでした。



スポンサーリンク
アイソメトリクスで二の腕を部分痩せする方法

二の腕は皮下脂肪で落ちにくい

ダイエットで二の腕が細くなる効果が実感するのには時間がかかります。というのも、ダイエットで脂肪が減るときには、二の腕や太ももより、先にお腹まわりが細くなるからです。

ダイエットでお腹まわりから細くなるのは、脂肪の種類が関係します。脂肪は大きく分けると、皮下脂肪と内臓脂肪の2種類です。内臓脂肪は付きやすくて落ちやすいのが特徴。一方の皮下脂肪は付きにくくて落ちにくいが特徴です。

このため、ダイエットでまず脂肪が減るのは落ちやすい内臓脂肪からになります。一方、二の腕にあるのは、付きにくくて落ちにくい皮下脂肪。二の腕が細くなるのはずっとあとになってしまうわけです。

アイソメトリクスが二の腕に有効

じつは落ちにくい皮下脂肪でも、近くにある筋肉を動かして刺激を与えることで細くすることができます。このため、二の腕の部分痩せには筋肉にピンポイントで刺激を入れるのが効果的。そのために有効なのがアイソメトリクスです。

二の腕のアイソメトリクスは、壁を背に立って行います。斜め下に伸ばした腕の手の甲を壁に押し付けて、壁をグッと押して5秒間静止するのです。10回ほど繰り返します。椅子に座って背もたれを押してもOKです。

壁を使わない二の腕アイソメトリクスもあります。両腕を前に伸ばして手を上下に組んだら、両腕を上下に5秒間引っ張るのです。これも10回ほど繰り返します。立った姿勢でも椅子に座ってもどちらでもOKです。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事