ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

よく眠れる方法のNG行為「ひじを出して寝る」

ベッドで寝るときに、ひじを出して寝るという人は多いはず。ドラマや映画などでも、両腕を掛け布団の上に出して寝る光景はよく目にします。しかし、よく眠れる方法には「ひじを出して寝る」はNG行為。また、掛け布団を一番上にかけるのも、よく眠れる方法にはNG行為だったのです。



スポンサーリンク
よく眠れる方法のNG行為「ひじを出して寝る」

よく眠れる方法のNG行為の理由

「ひじを出して寝る」がよく眠れる方法のNG行為になる理由は、ひじが冷えることで夜中に肩こりになってしまうからです。これでは、朝起きたときに疲労感が残ってしまいます。睡眠中はひじを冷やさないようにしないとよく眠れません。

掛け布団の上に両腕を出して寝る光景をよく見かけますが、よく眠れる方法ではNG行為。ひじはしっかり布団の中に入れて寝るようにしましょう。寝相が悪くてひじが出るのが心配なら、長袖や七分袖のパジャマを着るようにします。

掛け布団でいえば、よく眠れる方法には毛布との順番も大切です。掛け布団を一番上にかけるのが一般的ですが、じつはこれもよく眠れる方法ではNG行為。なぜ掛け布団が一番上だとよくないのでしょう?

よく眠れる方法は20回の寝返り

「よく眠れる」とは、起きたときにしっかり疲れが取れている状態のこと。たっぷり寝たのに疲れが取れていなければ、よい睡眠とはいえません。そして、よい睡眠には睡眠中に20回ほどの寝返りが必要にとされています。

そこでポイントとなるのが、体にかける寝具の順番というわけです。一般的に、毛布の上に掛け布団をかけてしまうと、毛布が体にまとわりついて寝返りがうまく打てません。

このため、よく眠れる方法には掛け布団が一番上にかけることがNG行為というわけ。正しい順番は、掛け布団の上に毛布をかけます。こうすること寝返りがスムーズになって、よく眠れるというわけです。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事