ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

顔のむくみをとる簡単リンパマッサージのやり方

顔のむくみをとる簡単リンパマッサージのやり方を紹介しましょう。リンパマッサージの大切なポイントは、手の重みほどのやさしい力で行うこと。そして、リンパ液の出口である鎖骨に近いほうから行うことです。顔のむくみをとる方法を見ていきます。『主治医が見つかる診療所』で紹介されていました。



スポンサーリンク
顔のむくみをとる簡単リンパマッサージのやり方

鎖骨から顔のむくみをとるマッサージ

顔のむくみをとるリンパマッサージは、まずは顔じゅうのリンパ液がすべて戻ってくる鎖骨からスタートです。まずは右手の中指と薬指を左側の鎖骨のくぼみに当ててください。

続いて、左手の中指と薬指も同じように右側の鎖骨のくぼみに当てます。ちょうど両手を胸の前でクロスさせる形です。そして、中指と薬指でくぼみの中をなでるように5回ほど回します。

次のマッサージは、首の付け根と耳のあいだ。ここを2等分した下側に、両手をクロスさせたままの形で、人差し指・中指・薬指の3本を当てるのです。そのままで3ほど回します。

顔のむくみをとるリンパマッサージ

下側が終わったら首の上側に指を当てて3回ほどマッサージ。これが終わったら、耳たぶの下に人差し指・中指・薬指の3本の指を当てて、鎖骨へ向けてやさしくなでてリンパを流します。3回ほど繰り返したら次のマッサージです。

今度は、耳の前と後ろのリンパ節がターゲット。人差し指と中指で耳を挟んで顔を包むように手を当てます。顔の前面のリンパ液は耳の前に流れてきて、顔の後面のリンパ液は耳の後ろのほうに流れてくるからです。

そのまま手のひら全体でなでるように3回ほど回します。最後は鎖骨に向けて、やさしくさすってリンパ液を流してください。これを3回ほど繰り返したら、顔のむくみをとる簡単リンパマッサージのやり方は終了です。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事

    関連する記事は見当たりません。