ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

朝食抜きを解消する作り置き「乳酸キャベツ」

朝食を摂らないと肥満の危険率が5倍もアップします。しかし、忙しい現代人は朝食がおろそかになりがちです。空腹時間が長いと昼食時に血糖値が急上昇。脂肪をため込もうとしてしまのです。そんな朝食抜きを解消する「乳酸キャベツ」を紹介しましょう。『世界一受けたい授業』で紹介されていました。



スポンサーリンク
朝食抜きを解消する作り置き「乳酸キャベツ」

朝食抜きは低体温リスクが2倍に

朝食抜きのリスクは肥満の危険率だけではありません。空腹のストレスを抱えていると、脳出血のリスクが3割アップします。というのも、空腹のストレスによって血圧上昇がおこるためです。

このほか最新の調査では、週4日以上朝食抜きをする人は、低体温になるリスクが2倍になるというデータもあります。朝食抜きは、長期的にはがんを引き起こす要因にもなりかねません。

そんな朝食抜きの習慣を避けるために、作り置きを使って5分で朝食作りができる方法を紹介しましょう。保存用のビンに作り置きをしておくと、一週間毎日違うメニューをたった5分で作れるのです。

朝食抜きの解消に乳酸キャベツ

それがキャベツを使った作り置きメニュー「乳酸キャベツ」です。キャベツ1個とにんじん1/2本を千切りにして、そこに小さじ4杯の塩と小さじ1/2杯の砂糖と、お好みで唐辛子を加えます。

これをビニール袋などに入れてよく揉んで、常温で置いておくだけ。キャベツから出る水分には空気中の乳酸菌が好むアミノ酸や糖質などが多く含まれているため、そのまま発酵するのです。

この乳酸キャベツに「ホエイ」を加えると発酵スピードが上がって乳酸菌の量もアップします。ホエイとは、ヨーグルトの上澄み。乳酸菌が多く含まれているため、キャベツの乳酸発酵が速く進んで、翌朝からおいしく食べられます。朝食抜きの解消に乳酸キャベツを活用しましょう。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事