ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

加齢臭対策に効果的な超簡単スイーツレシピとは

加齢臭の正体は脂肪の錆びが発する臭いになります。このため、加齢臭対策は脂肪の錆びを除去するのが効果的。そのためには、ビタミンEを摂取するのが有効です。そこで、加齢臭対策にビタミンEを効率的に摂取する超簡単スイーツレシピを紹介します。『みんなの家庭の医学』で紹介されていました。



スポンサーリンク
加齢臭対策に効果的な超簡単スイーツレシピとは

加齢臭対策に効果的なスイーツ

加齢臭対策に効果的なスイーツとは10分以内にできて、しかも特別な調理器具を一切使わない超簡単レシピです。それがポリ袋だけで作れる「アボカド・フローズン」です。

加齢臭対策スイーツに使う材料は3食分で、アボカド1個にバナナ1本、キウイ2個にレモン1個と簡単に手に入るフルーツがメイン。これに加えるのが調整豆乳200mlとハチミツ大さじ2杯です。

まずはアボカドを半分に切っての種を取ります。そして、アボカドの実はスプーンですくってポリ袋へ。さらに、キウイとバナナを投入します。そして、ポリ袋の外から手で中身を潰していくのです。

よく潰して混ぜたら調整豆乳をとハチミツ、レモン汁を加えます。ここで、ビタミンE量を一気に跳ね上げるとっておき食材の登場です。それがサフラワー油。サフラワー油とは別名、べに花油。ビタミンEの切り札です。

加齢臭対策にビタミンEを摂取

べに花油はキク科の花である紅花から絞り出された油。野菜などとの相性もよく、ドレッシングなどにも使われている、クセの少ない油になります。数ある油の中でも、ダントツにビタミンEが含まれています。

ちなみに、100gあたりのビタミンE含有量を見てみると、ごま油が0.4mgでオリーブオイルが7.4mg、サラダ油が12.8mgです。これがべに花油の場合、なんと27.1mgもビタミンEが含まれているのでした。

あとはポリ袋やジップロックに入れて、冷凍庫で3時間ほどシャリシャリに凍るまで寝かせたらアボカド・フローズンのでき上がり。クリーミーなアボカドの食感と、バナナやキウイの甘さが際立つ一品です。

レンズでちょっと溶かして食べると、よりクリーミーな味わいになります。これだけで6.3mgのビタミンEが摂取できる加齢臭対策スイーツです。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事