ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

内臓脂肪レベルを下げるなら基礎代謝を上げる

内臓脂肪を下げるには、基礎代謝を上げることが効果的。それには、筋トレをするのがもっとも手っ取り早いでしょう。筋肉を鍛えればエネルギーの消費になるのはもちろん、筋肉量が増加して基礎代謝がアップ。15歳をピークに下がり続ける基礎代謝を上げることで内臓脂肪レベルを下げるのです。



スポンサーリンク
内臓脂肪レベルを下げるなら基礎代謝を上げる

内臓脂肪レベルを下げるポイント

人間は寝ている間でも、心臓や胃、腸、肝臓、さらには脳などの臓器は動き続けています。筋肉も収縮や弛緩を繰り返していますから、何もしなくてもエネルギーは消費されているのです。

この何もしていなくても消費されるエネルギーのことを基礎代謝といいます。基礎代謝は、私たちの1日のエネルギー消費量全体のじつに7割。食事をするだけで消費されるエネルギー量が1割ほどあります。逆算すると、運動や仕事で消費しているエネルギーは、せいぜい2割ほどしかありません。

ここで内臓脂肪レベルを下げるポイントは、摂取エネルギーを消費エネルギーが上回ること。摂取エネルギーを変えないとすると、消費エネルギーを増やすしかありません。だとすると、基礎代謝を上げることがもっとも効率的です。

内臓脂肪レベルを基礎代謝で下げる

内臓脂肪レベルを下げるための基礎代謝の目安となるのは、脂肪量を除いた体重。すなわち筋肉量です。筋肉量が多ければ多いほど、基礎代謝は上がります。

わかりやすい例でいえば、体を鍛え上げた筋肉質のスポーツマンと、内臓脂肪たっぷりの人とでは、スポーツマンのほうが基礎代謝が大きくなるのは当然でしょう。内臓脂肪レベルを下げるためには筋肉量を多くする必要があります。

そこで、腹筋や背筋などの筋トレを行えば、大きな筋肉を鍛えることが可能。スクワットも大きな筋肉が集まっている下半身を鍛えるため、筋肉量を増やすのに効果的です。効率的に基礎代謝を上げることで内臓脂肪レベルを下げましょう。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事