ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

泥のように眠るなら就寝前の入浴は絶対に避ける

小さいころに、お風呂で体を温めてすぐ寝なさい…といわれた経験があるはず。それを信じて就寝前に入浴するという人も多いでしょう。しかし、泥のように眠るためには、就寝前の入浴は絶対に避けるべきでしょう。泥のように眠るなら、入浴は就寝の3時間前が正解なのです。



スポンサーリンク
泥のように眠るなら就寝前の入浴は絶対に避ける

泥のように眠る脳波計の波形

「就寝3時間前に入浴するグループ」と「就寝直前に入浴するグループ」で、どちらがすぐ眠れるかを調べた実験があります。いずれのグループも就寝時間は午後10時です。

それぞれに脳波計をつけてすぐ眠れるかを調べてみると、早めにお風呂に入ったグループは脳波の波の間隔が広く、熟睡している状態。波形は徐波睡眠と呼ばれる、泥のように眠る深い睡眠であることを示しています。

一方、就寝直前に入浴したグループの脳波形は波の間隔が狭く、シャープな波形でした。これは浅い睡眠で、熟睡できていないことを示しています。これでは泥のように眠ることはできません。

泥のように眠る入浴タイミング

じつは泥のように眠るためには、脳の温度を下げるタイミングが重要です。就寝直前に入浴して脳の温度を上げてしまうと、脳の温度がなかなか下がらないというわけ。結果的に、深い眠りになりません。

ここで、脳の温度をうまく下げるのが就寝3時間前というタイミング。いったん上がった脳の温度が3時間かけて徐々に下降。すると、睡眠ホルモンであるメラトニンがたくさん分泌されます。

こうして、深い眠りにつくことができるのです。だからこそ、泥のように眠るなら就寝前の入浴は絶対に避けるべき。就寝3時間前の入浴こそが、泥のように眠るための秘訣なのでした。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事