ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

頭が良くなる方法にはイリシン分泌がカギを握る

頭が良くなる方法にはイリシン分泌がカギを握っています。イリシンとはウォーキングのような持続的な運動をしたときに、筋肉から分泌されるもの。このイリシンが脳の活性化を促すことがわかりました。すなわち、頭が良くなる方法はウォーキングなどの持続的な運動が効果的です。



スポンサーリンク
頭が良くなる方法にはイリシン分泌がカギを握る

イリシン分泌が脳の活性化を促す

ウォーキングは認知症の改善に効果があることは。これまでさまざまな研究で実証されてきます。しかし、ウォーキングがなぜ認知症に効果があるのかは、わかっていません。

そこで、ハーバード大学ではマウスでウォーキングの効果を検証することにしました。その結果、認知症改善は筋肉から分泌されるイリシンが深く関わっていることがわかったのです。

ウォーキングのような持続的な運動によって筋肉から分泌されるイリシンは、脳に入ると神経栄養因子を分泌させます。そして、新経栄養因子は脳を守ったり成長させるような活性化を促すことがわかったのです。

頭が良くなる方法は持続的な運動

ここでマウスのイリシンは、人間ものとまったく同じ構造。このため、人間もウォーキングのような持続的な運動をすることで、学習と記憶に関わる脳機能が活性化すると考えられるというわけです。

ウォーキングに限らず体を活発に動かして運動することは、マウスの脳の機能を高めることが証明されています。すなわち頭が良くなる方法として、ウォーキングなどの持続的な運動が効果的というわけです。

もともと息切れしない程度のウォーキングは、有酸素運動として脂肪燃焼に効果があることが知られています。すなわち、ウォーキングは脳にもダイエットにも効果的なのでした。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事