ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

子どもの頭が良くなる方法に欠かせない外遊び

子どもの頭が良くなる方法には外遊びが欠かせません。しかも、外遊びは8歳までが大切です。というのも、脳が完成形となるのがだいたい8歳ごろだからです。このときまでに脳にさまざまな刺激を与えることが、子どもの頭が良くなる方法です。詳しく見ていきましょう。



スポンサーリンク
子どもの頭が良くなる方法に欠かせない外遊び

子どもの頭が良くなる方法は8歳まで

子どもの頭が良くなる方法は、これまでさまざまな研究が行われてきました。なかでも有効とされているのは外遊び。雨の湿った空気を感じて、木や花の匂いを感じて、砂や草に実際に触れて、外遊びで五感を鍛えることが大切です。

しかも子どもの頭を良くするには、とくに小さいうちが重要。脳の基礎的な力は3歳で形作られ、脳が完成形となるのは8歳ごろだからです。これ以降、劇的に頭が良くなる方法はありません。

このため、子どもの頭が良くなる方法は、脳が完成する8歳までなるべく外遊びをすること。砂遊びの手足の感覚や砂利などを踏んだ足の痛みなど、すべての刺激が脳を発達させるのです。

子どもの頭が良くなる方法はムチ禁物

子どもの頭が良くなる方法に外遊びが大切だといっても、無理に外出させるようではあまり効果は上がりません。そんなとき、子どもにうまく言い聞かせる方法があります。

子どもが外遊びできたときにはしっかり褒める一方で、外遊びに行かなくても怒らずに、何もいわないのです。ここで怒ってしまうと、何もしなくなってしまいます。アメとムチとよくいわれますが、子どもにムチは禁物です。

もしアメとムチで子どもの教育や頭が良くなる不法に成功しているとしたら、それはその子どもの資質がたまたま高かっただけのこと。多くの子どもがアメとムチで続けられるわけではありません。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事