ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

日常生活で実践できる頭が良くなる方法は雑談

日常生活で実践できる頭が良くなる方法を紹介しましょう。じつは大人になってからでも、ふだんの生活のちょっとした心がけで頭が良くなるのです。頭が良くなる方法のポイントは脳の活性化。なかでも、日常生活で実践できる頭が良くなる方法として雑談が挙げられます。



スポンサーリンク
日常生活で実践できる頭が良くなる方法は雑談

頭が良くなる方法は日常の心がけ

日常生活で実践できる頭が良くなる方法とは、ちょっとした心がけの中にあります。ふだんから脳が活性化することを意識して生活するだけで、大人になっても頭が良くなるのです。

たとえば、ふだんから雑談するように心がけることも頭が良くなる方法です。じつは、雑談はとても高度な作業。相手にどう反応するか、話をどこまで掘り下げるかなど、脳の記憶回路をフル回転させなければなりません。

こうして、日常生活で雑談を心がけていれば、常に脳を活性化させていることになります。実際、ロボットには雑談はできません。それほど複雑な処理を常に行うようにしていれば、おのずと頭が良くなるというわけです。

頭が良くなる方法は必死に思い出す

日常生活で実践できる頭が良くなる方法には、常に未体験に挑戦することがあります。いままで体験したことのない環境に身を置くようにことで、脳が活性化するからです。

そして、日常生活で実践できる頭が良くなる方法に、物忘れをあきらめないことがあります。物忘れとは、側頭葉にある記憶を前頭葉が引き出す回路が途絶えておきる現象。物忘れを放置すると、回路は途絶えたままになります。

このとき、あきらめずに必死に思い出そうとすることで、記憶の回路と前頭葉の回路を再び結ぶことができるです。さらに思い出したときのうれしい感情も重要。うれしいとドーパミンという物質が出て、さらにその回路が強化されるからです。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事