ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

2週間のもち麦ダイエット効果で腹囲が13.5㎝減

産後太りに悩むお笑いタレントの虻川美穂子さんがもち麦ダイエットに挑戦したところ、なんと2週間でウエスト13.5cm減を達成。しかも、もち麦ダイエットは朝食に1膳、もち麦ごはんを食べるだけ。ほかの食事は何の制限もないのです。『その原因、腸にあり』で紹介されていました。



スポンサーリンク
2週間のもち麦ダイエット効果で腹囲が13.5㎝減

もち麦ダイエットのやり方

虻川美穂子さんは2010年にイタリアンシェフの枡谷さんと結婚し、2015年2月には第一子を出産。そんな彼女の悩みが産後太りです。本人いわく7㎏太ったといいます。身長167.9㎝のところ67.7㎏です。

そして、体重よりも気にしているのがお腹まわり。腹囲を測ってみると本人も驚きの99.5㎝でした。実際に、40代前半の女性の平均は71.1㎝。虻川さんはなんと、20㎝以上もオーバーしています。腸内細菌の比率を見てみると、デブ菌34.1%に対してヤセ菌は56.1%、不明菌は9.8%でした。

そんな虻川さんが調整したのが「もち麦ダイエット」です。やり方は、糖質や脂質の吸収を抑える水溶性食物繊維が豊富やもち麦ごはんを朝に1膳食べるだけで、それ以外の食事はふだんどおり。これを2週間継続します。

もち麦ダイエットの効果

実際に、もち麦ごはんを食べてみるとプチプチした食感が印象的。クセもなくて、おいしく食べられます。もち麦ごはん以外は何を食べてもよいので、本人も「これで痩せられるなら最高」と話すほどです。

2週間後、体重を測定すると65.1㎏。2週間で2.6㎏のダイエットです。お腹まわりを測定してみると86.0㎝。ぽっこりだったお腹が、もち麦ダイエットの効果でまさかの2週間でマイナス13.5㎝です。

腸内環境を調べてみるとデブ菌15.7%、ヤセ菌75.2%、不明菌9.1%という構成。大幅にデブ菌が減少して、ヤセ菌が増えてることがわかります。たった2週間で腸内環境は大幅に変えることができるのです。

■「ダイエット」おすすめ記事
「食べる順番ダイエット」意外な盲点とは?
長期的には危険だった!炭水化物ダイエット
睡眠不足と不規則な生活はダイエットの大敵
徹底検証「ダイエット」7つのウソ・ホント
1週間で効果が現れた「朝食抜きダイエット」
はらすまダイエットは体の中も健康にする!
不眠症の原因は「無理なダイエット」にあった

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事