ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

朝食抜きと夕食抜きのどちらが健康的なのか?

ダイエットするなら朝食抜きと夕食抜き、どちらが健康的に痩せられるのでしょう? まずダイエットで夕食抜きを実践している人も多いでしょう。たしかに、夜にご飯を食べないダイエットは理にかなっています。というのも、夜にご飯を食べると太る確固とした理由があるからです。



スポンサーリンク
朝食抜きと夕食抜きのどちらが健康的なのか?

朝食抜きが一番痩せたというデータ

じつは体の中にはBMAL1という、栄養を脂肪に変える役割を持つタンパク質がああります。このBMAL1の量を昼と夜とで比べると、夜のほうが30倍も増加した状態。このため、夜に食べるとそれだけ太りやすいのです。

一方で、夕食抜きより朝食抜きのほうが効果的という考え方もあります。実際、食事を抜くいろいろなパターンを試したところ、朝食抜きが一番痩せたというデータもあります。

また、体重だけを見ていても効果を見誤る可能性があります。朝食をしっかり食べている人は、体重は減った一方で筋肉量の減っているのです。それが夕食をしっかり食べている人は、体重が減ったものの筋肉量は変わりませんでした。

朝食抜きも夕食抜きも脳の働きに影響

夕食をしっかり食べると、その栄養素が睡眠中に体に行き届くことになります。しかし、夕食抜きだと栄養不足の状態ということ。栄養が足りないために筋肉が落ちてしまっている可能性があります。

なお、朝食抜きも夕食抜きも脳の働きを考慮する必要があるでしょう。というのも、食べたものの25%のエネルギーは脳が使っているからです。脳は体重のたった2%しかありません。

すなわち、朝食抜きも夕食抜きも脳の働きに影響を与える可能性があります。その意味では、三食しっかり食べて、バランスのよい血糖値を保っておくことが大。朝食抜きでも夕食抜きでもないダイエット法が正しいのかもしれません。

■「朝食抜き」おすすめ記事
1週間で効果が現れた「朝食抜きダイエット」
便秘の原因は朝食抜きによる食物繊維の不足かも
朝食抜きダイエットの空腹感を乗り越える方法
筋トレの食事メニューで朝食抜きはありえない
蠕動(ぜんどう)運動に「朝食抜き」は逆効果
朝食抜きは8時間ダイエットと同じ効果がある

■「ダイエット」おすすめ記事
はらすまダイエットは体の中も健康にする!
不眠症の原因は「無理なダイエット」にあった
炭水化物抜きダイエットは認知症になりやすい!?
糖質制限ダイエットの女性の成功率は50%以下

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事