ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

頭が良くなる方法はカレーを食べるだけだった

そもそも物忘れがひどくなる原因は何でしょうか? 脳全体の司令塔の役割をしているのが「前頭葉」ですが、この前頭葉は脳の中でも年齢を重ねるごとに萎縮しやすい場所の1つ。すなわち前頭葉を鍛えることで、物忘れが防げるというわけ。前頭葉を鍛えることはボケ防止にもつながります。



スポンサーリンク
頭が良くなる方法はカレーを食べるだけだった

頭が良くなる方法は前頭葉が重要

前頭葉は脳の司令塔。オーケストラの指揮者のようなものです。このため頭が良くなる方法では、前頭葉が活性化していることが重要。前頭葉の活性が弱まると、記憶力や集中力、やる気などが減少してしまいます。

そして、前頭葉の活性化に必要なのはブドウ糖と酸素。そして、それらを運ぶ血流量が増えなければなりません。簡単にいえば、頭が良くなる方法は脳の血流量をアップすることになります。

そして、脳の血流量を簡単にアップするのがカレーです。カレーを食べると脳血流が増加して脳が活性化します。つまりカレーを食べるだけで、前頭葉を活性化させることが可能。それだけで頭が良くなるのです。

頭が良くなる方法はカレーを食べる

実際、頭が良くなる方法としてカレーを食べることがどれだけ効果的かを調べた実験があります。用意されたのは具なしのカレールー。カレーだけの影響を調べるために、あえて具が入っていないカレールー100mlを用意したのです。

そして、カレーが脳を活性化し始めるという食後1時間後に、脳機能イメージングによって脳の変化をモニタリングします。前頭葉の血流量がどう変化するかをチェックするのです。

すると、カレーを食べてから前頭葉の血流量がどんどん上がっていることがわかりました。すなわち、カレーを食べたことによって前頭葉が非常に活発化します。頭が良くなる方法はカレーを食べるだけなのでした。

■「頭が良くなる方法」おすすめ記事
頭が良くなる方法「ウォーキングを趣味にする」
頭が良くなる方法として運動が効果的な理由とは
頭が良くなる方法には30分以内の昼寝が効果的

日常生活で実践できる頭が良くなる方法は雑談
子どもの頭が良くなる方法に欠かせない外遊び
頭が良くなる方法にはイリシン分泌がカギを握る

■「カレー」おすすめ記事
カレーを食べると認知症の進行がストップ!?
朝にカレーを食べると自律神経が切り替わる
テストの朝はカレーを食べて脳を活性化する
カレーのスパイスは漢方薬で使われるものばかり

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事