ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

内臓脂肪レベルを下げるならフラダンスが効果的

自宅で内臓脂肪レベルを下げる簡単なフラダンスの振り付けを紹介しましょう。フラダンスは内臓脂肪レベルを下げるのに効果的。脂肪そのものに働きかける効果と、筋肉を鍛えて代謝を上げる効果のダブル効果で、内臓脂肪レベルを下げるのです。『主治医が見つかる診療所』で紹介されていました。



スポンサーリンク
内臓脂肪レベルを下げるならフラダンスが効果的

内臓脂肪レベルを下げるフラダンス

フラダンスは常に中腰の姿勢で踊るため、骨盤のまわりや太ももなどの大きな筋肉が集中する下半身がしっかり鍛えられます。すると、脂肪そのものを燃やす効果と代謝をアップさせるダブル効果で内臓脂肪レベルを下げるというわけです。

さっそく内臓脂肪レベルを下げるフラダンスの振り付けを紹介しましょう。まずは基本の姿勢からスタートです。両足をこぶし2個分くらい開き、足と足は平行にして立ってください。

ここで上体をまっすぐに保ったまま、そのまますーっと腰を落とします。イメージとしてはお尻の穴がかかとの上に来る感じです。基本の姿勢ができたら、体重を移動しながら腰を左右に揺らしてみましょう。

内臓脂肪レベルを下げるなら1曲分

ここからはステップです。体重移動を意識しながら、左右に2ステップずつ移動しましょう。カウント1で腰を右に振ったら、カウント2で右足を出します。カウント3でまた腰を右に振ったら、カウント4で右足を出すリズムです。

ここに手のフリを加えると、内臓脂肪レベルを下げるのに効果的。右手を斜め上に挙げながら、左手を頭上で大きく回すのです。左手の手の平は、右手の手の平と同じ向きのままにします。肩甲骨が動いていることを意識してください。

右にステップするときは、右手を斜め上に挙げて左手が頭上。左にステップするときには、左手を斜め上に挙げて右手が頭上になります。自宅で内臓脂肪レベルを下げるフラダンスをするなら、好きな楽曲で1曲分ほどが目安です。

■「内臓脂肪レベル」おすすめ記事
内臓脂肪レベルを減らすチャンスは空腹感だった
内臓脂肪の危険度レベルがわかるセルフチェック
内臓脂肪レベルを下げるウォーキング法とは?

■「内臓脂肪」おすすめ記事
尋常性乾癬に肥満は厳禁!過剰な内臓脂肪が原因
インスリン抵抗性の原因は「内臓脂肪」だった
内臓脂肪の落とし方は空腹を少し我慢しての食事

■「フラダンス」おすすめ記事
フラダンスで15kg減!インナーマッスル効果
フラダンスのステップが異所性脂肪に効く理由

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事