ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

頭が良くなる方法には30分以内の昼寝が効果的

休憩時間にちょっと昼寝してみたら、妙に頭がスッキリした経験はありませんか? それは気のせいではありません。昼寝で脳が超回復しているからです。このため、昼寝こそが頭が良くなる方法。実際、福岡県の進学校では昼寝を実施したところ、センター試験の成績がアップしたのです。



スポンサーリンク
頭が良くなる方法には30分以内の昼寝が効果的

頭が良くなる方法に超回復を利用

勉強や仕事で頭をフル稼働させると、脳内ではセロトニンの分泌量が減少します。セロトニンは気分や判断力を司る神経伝達物質。セロトニンが減って代謝リズムが崩れると、脳に疲れを感じてしまうのです。

昼寝には、そんなセロトニンの分泌を促す効果があります。休憩時間に昼寝するだけで脳はリラックス。午前の活動で減少したセロトニンを、どんどん分泌させようという指令が出されるのです。

しかも、セロトニンは脳の機能を司る大脳皮質全体を目覚めさせる働きがあるのため、昼寝の直後はスッキリ感じるというわけ。いわば脳が超回復している状態です。頭が良くなる方法として、この現象を利用しない手はありません。

頭が良くなる方法に昼寝が効果的

実際、福岡県の進学校では15分間の昼寝を実施しています。昼寝の実施前と比べると、センター試験全科目の成績がアップしたほど。まさに頭が良くなる方法に昼寝が効果的といえるでしょう。

ただし、昼寝による超回復の効果はあくまで一時的なもの。セロトニンの分泌で頭の回転が速く感じても、疲労物質が残っていれば再び疲労感は襲ってくるので注意が必要です。

なお、頭が良くなる方法として昼寝をするなら、30分未満が目安になります。というのも、人間は30分以上寝ると深い睡眠に入ってしまい、昼寝から覚めたあとの作業効率が悪くなってしまうのです。

■「頭が良くなる方法」おすすめ記事
頭が良くなる方法「ウォーキングを趣味にする」
頭が良くなる方法として運動が効果的な理由とは
頭が良くなる方法はカレーを食べるだけだった
子どもの頭が良くなる方法に欠かせない外遊び
頭が良くなる方法にはイリシン分泌がカギを握る

■「昼寝効果」おすすめ記事
2か月で効果が出る快眠方法「夕方に散歩する」
眠れないとき無理に布団に入ってはいけない理由
寝る前のストレッチは「顔・首・背中」で快眠
泥のように眠るためのとっておきの3つの方法
よく眠れる方法「入浴したらすぐ寝る」は間違い

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事