ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

インナーマッスルに最適なおやつは「くず餅」

くず餅は、きな粉と黒蜜をまぶして食べる和菓子。関西には、葛粉から作られる葛餅(くずもち)もありますが、いずれにしてもきな粉と黒蜜をまぶすという食べ方は変わりません。このくず餅、じつはインナーマッスルに最適なおやつです。インナーマッスルに効果のある秘密はきな粉にあります。



スポンサーリンク
インナーマッスルに最適なおやつは「くず餅」

インナーマッスルにはタンパク質

インナーマッスルに最適なおやつがくず餅です。その秘密はまぶして食べるきな粉にあります。きな粉の原料は大豆。インナーマッスルによいタンパク質を豊富に含んでいるのです。

さらに、きな粉には食物繊維も入っているだけでなく、抗酸化によいビタミンEや骨を丈夫にするカルシウムやマグネシウムも豊富。インナーマッスルだけでなく、さまざまな健康効果が期待できます。

なお、葛粉から作られる和菓子である葛餅と関東のくず餅は、製法や歴史的背景が少し違っています。葛餅は水で溶いた葛粉に砂糖を加えて火にかけたものをよく練って、よく練って冷やして固めたものです。

インナーマッスルに最適なおやつ

一方のくず餅は、餅ものにも栄養成分が詰まっています。おもに関東で食べられるくず餅は、じつは小麦粉のでんぷんを発酵させて作った発酵食品。くず餅に含まれる乳酸菌による整腸作用で、免疫力を高める効果があります。

関西風の葛餅もそれ自体は発酵食品ではありませんが、きな粉の栄養については同じ効果が期待できます。このため、くず餅も葛餅もインナーマッスルに最適なおやつといえるでしょう。

関東風のくず餅は川崎大師のほか、東京の池上本門寺と亀戸天神の名物となっています。近くに立ち寄ったときには、すきま時間にインナーマッスルをして食べてみるとよいでしょう。

■「インナーマッスル」おすすめ記事
高齢者もOK!インナーマッスルを強化する体操
認知症が改善!インナーマッスルで脳が活性化
高齢者もイスに座って実践!インナーマッスルの鍛え方
フラダンスで15kg減!インナーマッスル効果
腰痛改善インナーマッスルが脊柱起立筋と腸腰筋
高齢者は体操でインナーマッスルを鍛えるべし
関節痛が改善!やせるインナーマッスル健康法
真向法でインナーマッスルを鍛えて転倒防止!
インナーマッスルトレーニングは椅子でもできる
インナーマッスルを鍛えるとお腹周りが細くなる

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事