ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

頭が良くなる方法として運動が効果的な理由とは

部活三昧だった高校生が現役で難関大学に合格したという話は聞いたことがあるはず。「運動ばかりしているとバカになる」とよくいわれたものですが、じつは運動こそが頭が良くなる方法だったのです。実際、運動することが頭が良くなる方法であることがさまざまな研究で証明されています。



スポンサーリンク
頭が良くなる方法として運動が効果的な理由とは

頭が良くなる方法をマウスで実験

運動をしているとき、私たちの脳の中は筋肉や関節を動かす指令が飛び交っています。ウォーキングするだけでもまわりの景色や地面のコンディションは刻々と変化。それに対応するために脳は活発に活動してわけです。

つまり、体を使って運動することは、脳を活性化させることでもあります。実際、運動と脳の活性化についてはさまざまな研究が行われてきました。それが、アメリカの研究グループによる、マウスの運動と学習効果の関係を調べた実験です。

具体的には、同じ条件で育てたマウスを5日間、毎日運動させたグループと狭いカゴで過ごさせたグループに分類。経過日数と迷路のクリア時間を調べることによって、運動が頭が良くなる方法なのかを調べました

頭が良くなる方法に運動が効果的

その結果、経過1日では両グループとも50秒程度のクリア時間で、日を追うごとに時間を短縮。カゴのグループも経過5日で20秒までクリア時間を縮めました。ところが運動していたグループは、その半分以下の10秒弱でクリアできたのです。

このように運動することは、マウスの脳の機能を高めることが証明されています。また、ラットによる別の実験では、運動によって脳の中の短期記憶を司る海馬の神経細胞が増殖することもわかっています。

人間の場合、運動によって脳の神経細胞が増えるかまで調べられません。しかし、高齢者のうつ病リスクがウォーキングで低下するなど、運動によって脳が活性化することは実証済み。頭が良くなる方法として運動は間違いなく効果的なのです。

■「頭が良くなる方法」おすすめ記事
頭が良くなる方法「ウォーキングを趣味にする」
頭が良くなる方法には30分以内の昼寝が効果的
頭が良くなる方法はカレーを食べるだけだった

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事