ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

筋トレ食事メニューでは極端に脂質は抜かない

筋トレ食事メニューでは「タンパク質をたくさん摂って脂質はできるだけ避ける」と考えがち。たしかに筋肉の材料となるのはタンパク質ですし、脂質は体脂肪の材料となります。しかし、筋トレ食事メニューで極端に脂質を抜くことは筋肉をつけることに悪影響を及ぼすのです。



スポンサーリンク
筋トレ食事メニューでは極端に脂質は抜かない

筋トレ食事メニューはタンパク質

筋トレ食事メニューにおいて、タンパク質が重要なことはもはや常識です。ただし、脂質も筋トレ食事メニューには欠かせません。極端に脂脂質を摂らないことは、筋肉の肥大に悪影響を与えるのです。

脂質はいくつかのホルモンの材料になるもの。そのなかに、筋肉作りを促進する男性ホルモンが含まれています。このため、脂質が不足すると男性ホルモンの合成が不十分になってしまうのです。

このため、筋トレ食事メニューでタンパク質を十分に摂っても、筋肉が作られにくくなります。また、脂肪は全身を構成する細胞膜の材料。筋トレ食事メニューで極端に脂肪を避けると、体調やコンディションを崩すことになるのです。

筋トレ食事メニューは脂質も摂る

筋トレ食事メニューの脂質の割合は、体脂肪の増減とはあまり関係しません。摂取エネルギーと消費エネルギーの収支で決まります。まったく脂質を摂っていなくても、エネルギー収支がプラスなら体脂肪として蓄積されてしまうのです。

すでに体脂肪率が25%以上の人であれば、筋トレの食事メニューはエネルギー収支をマイナスにすることが最優先。食事の脂質の量をかなり減らしても、体内で脂肪が不足することはありません。

しかし、痩せ型の人が筋トレの食事メニューで脂質を抜いてしまうとエネルギー収支がプラスになりにくく、なかなか筋肉がつきません。筋トレ食事メニューにタンパク質がもちろん必要ですが、脂質摂るようにしましょう。

■「筋トレ食事メニュー」おすすめ記事
筋トレ食事メニューはタンパク質と緑黄色野菜
筋トレの食事メニューで朝食抜きはありえない

■「筋トレ」おすすめ記事
インナーマッスルの鍛え方!自宅の筋トレメニュー
四股踏みは転倒予防に効果的な腸腰筋の筋トレ

■「食事」おすすめ記事
食間に薬を飲むとは食事をした2時間後が目安
薬を食後に服用といっても食事の直後は大間違い
食後寝るとき「右を下」にするのは間違いだった
食後の運動はダイエットにはまったく効果ナシ
食べてすぐ寝ると「肌が荒れる」って知ってた?
内臓脂肪の落とし方は空腹を少し我慢しての食事

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事