ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

運動音痴は筋トレをしてもスポーツは上達しない

運動音痴の人がスポーツを上達させるためにと筋力トレーニングを行うのは間違いです。運動能力と筋力はまったく別物。スポーツで重要になるのは運動能力だからです。運動能力を上げようと思うなら、筋力とスピードの2つが重要になります。運動音痴が取り組むべきはスピードトレーニングです。



スポンサーリンク
運動音痴は筋トレをしてもスポーツは上達しない

運動音痴は運動能力を上げる必要

筋力は1回の動作で発揮されるエネルギーの総量です。体力測定でいえば握力などになります。野球でいえば、選手がバットを握る力が筋力です。しかし、いくらバットを強く握れても、ヒットが打てるようになるわけではありません。

ヒットを打つには、バットをすばやく振ってボールに当てることが必要になります。そして、バットをすばやく振ることが運動能力です。バットをすばやく振れるかはスピードと関係してきます。

つまり「運動能力=筋力×スピード」ということ。握力は早く握ろうがゆっくり握ろうがその値は変わりませんが、運動能力ではすばやく振れるかどうかが重要な要素になってきます。運動音痴は運動能力を上げる必要があるのです。

運動音痴はスピードトレーニング

運動能力を上げようと思うなら、筋力を鍛えることとスピードを上げることの2つが重要ということ。運動音痴が筋力トレーニングだけしても、ボールは遠くへ飛ぶようにはなりません。

運動音痴が取り組むべきはスピードトレーニングです。体が動くのは、骨を動かす骨格筋が伸び縮みしているから。この伸び縮みの速度が速くなればなるほど、動きのスピードは増してきます。

筋肉の収縮に関係するのは運動神経です。脳からの「縮める・伸ばす」という信号が神経を通じて伝わってきます。脳から筋肉に信号を伝えられると、今度は筋肉から脳に情報がフィードバック。この繰り返しがスピードとなるのです。

■「運動音痴」おすすめ記事
運動音痴な人ほど筋肉ムキムキになりやすかった
運動音痴を脱出するための2つの練習方法とは?

■「筋トレ」おすすめ記事
インナーマッスルの鍛え方!自宅の筋トレメニュー
四股踏みは転倒予防に効果的な腸腰筋の筋トレ
筋トレ食事メニューはタンパク質と緑黄色野菜
筋トレの食事メニューで朝食抜きはありえない

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事