ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

果糖の位置で含まれるブドウ糖の比率がわかる

スポーツドリンクやゼリー飲料の原材料名に書かれているブドウ糖や果糖の表示。「果糖ぶどう糖液糖」などと表示されていますが、この果糖の位置によって含まれているブドウ糖の比率がわかるのです。ブドウ糖の比率が高いのは「ぶどう糖果糖液糖」という表示になります。



スポンサーリンク
果糖の位置で含まれるブドウ糖の比率がわかる

果糖やブドウ糖はどちらも単糖類

同じ糖質でも、果糖やブドウ糖はどちらも単糖類。一方で、ご飯やパンなどはデンプンという多糖類です。多糖類は食べて消化・分解されて単糖類になってから、体に吸収されるというプロセスとなっています。

つまり、単糖類である果糖やブドウ糖は体内に吸収されやすいということ。摂取してからすぐにエネルギーとして利用できるため、単糖類はスポーツドリンクやゼリー飲料などに使用されるわけです。

ただし、同じ単糖類といってもブドウ糖と果糖とでは体内での働きが違います。じつは運動中にすぐにエネルギーが必要なときに大切なのはブドウ糖。血液内のブドウ糖濃度は血糖値と呼ばれ、糖尿病の診断基準として利用されています。

果糖の割合がわかるのが原材料名

一方の果糖は、ブドウ糖と同様に小腸で吸収されますが、果糖がブドウ糖に変換される割合は非常に少量。果糖を吸収しても血糖値はあまり上がりません。果糖は糖の中でも甘味がとても強いため、甘味料として使用されます。

つまり、スポーツドリンクやゼリー飲料ではブドウ糖の比率が高いほうがよいということ。そして、ブドウ糖と果糖の割合がわかるのが原材料名です。「ぶどう糖果糖液糖」「果糖ぶどう糖液糖」「高果糖液糖」が代表的な表記になります。

「ぶどう糖果糖液糖」は果糖の含有率が50%未満、「果糖ぶどう糖液糖」は果糖の含有率が50%以上90%未満、「高果糖液糖」は果糖が90%以上です。大切なのは「果糖」の文字が入る位置。果糖が多ければ一番初めに来ます。そして、運動中に選ぶべきは「ぶどう糖果糖液糖」と表示されたスポーツドリンクです。

■「果糖」おすすめ記事
「果糖」が尿酸値が下がらない原因 – ためしてガッテン
尿酸値を下げるならプリン体オフより果糖控えめ
スポーツドリンクは「果糖ぶどう糖液糖」に注意

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事