ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

内臓脂肪を燃やすには100mダッシュは意味がない

内臓脂肪を燃やすために100mダッシュをやっても、ほとんど意味がありません。多少は筋力がアップするかもしれませんが、微々たる脂肪しか燃焼しないからです。実際に内臓脂肪を燃焼させるなら有酸素運動が有効。酸素で中性脂肪を燃やしてエネルギー源にしてくれるからです。



スポンサーリンク
内臓脂肪を燃やすには100mダッシュは意味がない

内臓脂肪はダッシュでは燃やせない

内臓脂肪を燃やすには、100mダッシュ20回より20分間以上のウォーキングのほうが効果的です。100mダッシュを繰り返して息を切らしても、筋力は少しはパワーアップしますが、内臓脂肪はさほど燃やせません。

ダッシュとウォーキングでは、使う筋肉とエネルギー源が違っているからです。100mダッシュのような瞬発的な動きに使われるのは速筋。一方、ウォーキングのようなゆったりとした動きをするときには遅筋が使われます。

速筋は、大きなパワーを出すことができますが、長く力を発揮することはできません。遅筋は、出せるパワーは少ないものの長時間にわたって動けることが特徴です。瞬発系が速筋で、持久系が遅筋と役割が分かれています。

内臓脂肪を燃やすなら有酸素運動

そして、速筋と遅筋では運動中に使うエネルギー源が違っているのです。速筋の場合は、筋グリコーゲンという筋肉内の糖分をおもに使用します。脂肪はほとんど使用されません。

遅筋は、肺から取り入れた酸素で中性脂肪を燃やしてエネルギーにします。このため、おもに速筋を使う運動を無酸素運動、おもに遅筋を使う運動を有酸素運動と呼ぶわけです。

このため、内臓脂肪を燃やすならエネルギー源に有酸素運動をしなければなりません。無酸素運動をしても内臓脂肪はほとんど燃えません。このため、内臓脂肪を燃やすには100mダッシュは意味がないのです。

■「内臓脂肪」おすすめ記事
内臓脂肪レベルを減らすチャンスは空腹感だった
内臓脂肪の危険度レベルがわかるセルフチェック
内臓脂肪レベルを下げるウォーキング法とは?
尋常性乾癬に肥満は厳禁!過剰な内臓脂肪が原因
インスリン抵抗性の原因は「内臓脂肪」だった
内臓脂肪の落とし方は空腹を少し我慢しての食事

■「脂肪」おすすめ記事
標準体重なのに脂肪肝!?「NASH」って何?
悪玉コレステロールの元凶は「飽和脂肪酸」
膝の痛みの原因「皮下脂肪」をつまんで治す
アディポネクチンを増やすには脂肪量を増やす!?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事