ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

疲れを取る方法は昼寝ではなくむしろ軽い運動

疲れを取る方法は「積極的休養」がもっとも効果的です。疲れを取るのに重要なのは損傷部分の修復。そのためには血液の循環によって、酸素が送り込まれる必要があります。その意味で完全休養といって体を動かさずに昼寝ばかりするのは、疲れを取る方法としては逆効果なのです。



スポンサーリンク
疲れを取る方法は昼寝ではなくむしろ軽い運動

疲れを取る方法では血液の循環が重要

疲れを取る方法では血液の循環が重要です。このため、ウォーキングやジョギングなどをゆっくりと1時間ほど行うことが疲れを取る方法としては効果的。酸素を取り込みながら全身の筋肉を動かすため、血液の循環がよくなります。

血液の循環がよくなれば、筋肉の損傷部分に酸素が送り込まれて修復が促進。筋肉中にたまっている乳酸なども早く取り除くこともできます。肩こりなどにも効果があるのです。

そして、このように疲れを取る方法を「積極的休養」といいます。疲れを取る方法としてはただ寝るだけの完全休養するよりも、軽い運動をして血液の循環をよくしたほうがよいのです。

疲れを取る方法はスロージョギング

アスリートのあいだでも、疲れを取る方法として完全に休養しないのがトレンド。トレーニングの休養日でも「トコトコ走り」という、いわゆるスロージョギングのメニューを織り込むケースが多いのです。

運動生理学の理論でも、疲れを取る方法としては完全休養するより、軽く体を動かしたほうがよいことがわかっています。完全休養で体を動かさずに昼寝ばかりしていると、筋肉の超回復も遅くなるからです。

疲れを取る方法では、全身に酸素と栄養をたくさん送ることが重要。疲れの回復力が高いというのは、血液循環がよいということでもあります。疲れの回復が早い選手は、心臓や肺、血管、血液の機能がすぐれているのです。

■「疲れを取る」おすすめ記事
イミダペプチドの効果は疲労回復と記憶力アップ
慢性疲労に効果的な体幹トレーニングの方法とは
スロージョギングは遅筋だけ使うので疲れ知らず

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事

    関連する記事は見当たりません。