ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

ゾンビ体操が血管年齢を若返らせるメカニズム

その場で足踏みしながら上半身を脱力してブラブラ揺らすゾンビ体操には、血管年齢を若返らせる効果があります。なぜゾンビ体操のような簡単な運動で、血管年齢を若返らせることができるのでしょう? ゾンビ体操がどのようなメカニズムで健康効果をもたらすかを見ていきましょう。



スポンサーリンク
ゾンビ体操が血管年齢を若返らせるメカニズム

ゾンビ体操は冷え性の解消に効果

ゾンビ体操で下半身を動かすと、その部分の筋肉で熱が作られます。その熱を乗せた血液は、足の先を循環して心臓へ返ってきて、再び全身へ送られるもの。温かい血液が全身を循環するので、まるで温水暖房機のように温まるのです。

このため、ゾンビ体操は冷え性の解消に効果を発揮します。しかし、ゾンビ体操でもっと重要なのは、この運動によって血管年齢が若返るということ。血管そのものが強化されていくのです。

じつは運動をすると筋肉からブラジキニンという物質が出ます。ブラジキニンは血圧を下げる作用のある物質ですが、このブラジキニンはさらに血管の内側にある内皮細胞から一酸化窒素の分泌を促すのです。

ゾンビ体操で血管年齢が若返る好循環

この一酸化窒素こそが、ゾンビ体操が血管年齢を若返らせるカギとなる物質。一酸化窒素は血管を拡張させ、血流をよくして血圧を安定させます。さらに、血管そのものを動脈硬化から守って丈夫にしているのです。

一酸化窒素は血流がよくなるほど出てくるようになるもの。気つる湯がよくなればなるほど一酸化窒素が出るようになり、血管の内皮細胞の機能が向上。血管がどんどん若返っていくのです。

すなわちゾンビ体操を行うと、全身の血流がよくなって一酸化窒素が分泌されます。それが血管内皮細胞の機能を改善して、さらなる一酸化窒素を呼び込むのです。こうしてゾンビ体操は、血管年齢が若返る好循環を作ります。

■「ゾンビ体操」おすすめ記事
1日3分で血管年齢が若返るゾンビ体操とは?
ゾンビ体操は歩くときの3倍もの運動量がある
ゾンビ体操10分でウォーキング30分と同じ効果
ゾンビ体操の基本姿勢は肩から腕を完全に脱力
ゾンビ体操は上半身の動きが副交感神経を刺激

■「体操」おすすめ記事
「指体操」でアルツハイマー病を予防する!!
高齢者もOK!インナーマッスルを強化する体操
四十肩・五十肩は「ぶらぶら体操」で治す!
「尿漏れ」予防に「骨盤底筋体操」が効果的
高齢者は体操でインナーマッスルを鍛えるべし

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事