ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

内臓脂肪レベルを下げるなら太ももを鍛えるべし

内臓脂肪レベルを下げるには基礎代謝を上げることが大切。基礎代謝が高ければエネルギーがたくさん消費されるので、太りにくい体質になります。そして、基礎代謝を上げるのに効果的なのが太ももを鍛えること。すなわち、内臓脂肪レベルを下げるなら太ももを鍛えるのが正解です。



スポンサーリンク
内臓脂肪レベルを下げるなら太ももを鍛えるべし

内臓脂肪レベルには基礎代謝を上げる

人が生きるために最低限必要な活動が基礎代謝。ただ呼吸しているだけで消費されていくエネルギーです。じつは、1日の消費エネルギーの60~70%を占めています。内臓脂肪レベルを下げるなら基礎代謝を上げることが効果的です。

生活活動代謝量といわれる、歩いたり走ったりする活動による消費エネルギーは20~30%しかありません。残りの10%は、食事誘導性体熱産出。ものを噛んで消化・吸収するために使われるエネルギーになります。

さらに基礎代謝の内訳を見ると、もっともエネルギー消費が多いのは筋肉で40%。このほか脳が20%、肝臓・腎臓・心臓で40%です。このため、筋肉が多い人のほうが基礎代謝は高くなり、太りにくい体質といえます。

内臓脂肪レベルには太ももを鍛える

つまり、筋肉の量を増やすことが基礎代謝を上げる手っ取り早い方法。内臓脂肪レベルを下げるなら筋肉を増やすことが近道なのです。それでは、内臓脂肪レベルを下げるならどこの筋肉を鍛えればよいのでしょうか?

じつは、太もも・お尻・腰といった下半身には全身の60%の筋肉が集まっています。なかでも太ももは、大きな筋肉が集まっている場所。なんと全身の筋肉の40%が集中しているのです。

単純に計算すると、1日の消費エネルギーのうちの「11.2%」は太ももによる基礎代謝ということ。太ももの筋肉量が多ければ、消費エネルギーも大きくなります。内臓脂肪レベルを下げるなら、太ももを鍛えるのが効果的です。

■「内臓脂肪」おすすめ記事
内臓脂肪レベルを減らすチャンスは空腹感だった
内臓脂肪の危険度レベルがわかるセルフチェック
内臓脂肪レベルを下げるウォーキング法とは?
尋常性乾癬に肥満は厳禁!過剰な内臓脂肪が原因
インスリン抵抗性の原因は「内臓脂肪」だった
内臓脂肪の落とし方は空腹を少し我慢しての食事

■「脂肪」おすすめ記事
標準体重なのに脂肪肝!?「NASH」って何?
悪玉コレステロールの元凶は「飽和脂肪酸」
膝の痛みの原因「皮下脂肪」をつまんで治す
アディポネクチンを増やすには脂肪量を増やす!?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事