ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

インナーマッスルでお腹痩せ!1日5回の筋トレ

お腹痩せといえば腹筋運動を思い浮かべますが、それだけで痩せることはできません。なぜなら、脂肪の燃焼効率を下げている身体のゆがみを正すインナーマッスルが鍛えられないからです。そこで、インナーマッスルを鍛えてお腹痩せするための1日たった5回の筋トレを紹介しましょう。



スポンサーリンク
インナーマッスルでお腹痩せ!1日5回の筋トレ

インナーマッスルが弱るとゆがみ

体の中心には骨盤という四角いボックスがあります。その上にあばら骨でできたもう1つのボックスが存在。肩甲骨などとともに上半身を構成しています。この2つのボックスが同じ方向に向いていれば、身体にゆがみはありません。

そして、同じ方向に向くように働いているのが、2つのボックスをつないでいる腹筋のインナーマッスルなのです。インナーマッスルが弱って身体にゆがみが出ると、お腹痩せしにくい状態となります。

腹筋はおおまかにいうと、アウターマッスルである腹直筋と外腹斜筋、そしてインナーマッスルである内腹斜筋と腹横筋で構成されています。いわゆる腹筋運動は、このうちの腹直筋を鍛える筋トレです。

インナーマッスルを鍛える筋トレ

しかし、身体をゆがみがない状態に保つための主力はインナーマッスル。ゆがみのない身体は、インナーマッスルが左右対称に働いています。このため、身体のゆがみを正すためにはインナーマッスルの筋トレが必要です。

さっそく腹筋インナーマッスルを鍛える筋トレを紹介しましょう。まず足を肩幅に開いて、ひざは軽く曲げて立ちます。手は腰に置いて、目線はまっすぐ前に向けたら準備完了です。

この姿勢から大きく息を吸いながら、背中を反らせるのです。ひじを後ろに引きながら、お尻を突き出すようにします。そして、今度は息を大きく吐きながら、お尻を締めて骨盤を前に突き出すのです。

お腹は思い切り引っ込めて、背中を丸めます。頭と胸の位置を変えないようにするのがポイントです。インナーマッスルの筋トレは1日5回行いましょう。

■「インナーマッスル」おすすめ記事
高齢者もOK!インナーマッスルを強化する体操
認知症が改善!インナーマッスルで脳が活性化
高齢者もイスに座って実践!インナーマッスルの鍛え方
フラダンスで15kg減!インナーマッスル効果
腰痛改善インナーマッスルが脊柱起立筋と腸腰筋
高齢者は体操でインナーマッスルを鍛えるべし
関節痛が改善!やせるインナーマッスル健康法
真向法でインナーマッスルを鍛えて転倒防止!
インナーマッスルトレーニングは椅子でもできる
インナーマッスルを鍛えるとお腹周りが細くなる

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事