ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

縄跳び効果で痩せられるのは食欲抑制と脂肪燃焼

ボクサーが減量のために行っている縄跳びには、本当にダイエット効果があります。縄跳び効果で痩せられる理由は食欲抑制と脂肪燃焼。縄跳びの有酸素運動の効果に加えて、じつは食欲を抑制する効果があるのです。縄跳びがどのように減量効果を発揮するのか詳しく見ていきましょう。



スポンサーリンク
縄跳び効果で痩せられるのは食欲抑制と脂肪燃焼

縄跳びは空腹感がもっとも小さかった

20代男性の15人を対象にしたダイエットに関する研究があります。12時間の断食ののち3つのパターンの実験を行ったものです。1つは、縄跳びを断続的に行い2時間休憩するグループ。2つめは、自転車を漕いだあとに2時間休憩するグループ。3つめは、何もせずに2時間半を過ごすグループです。

そして、それぞれのグループの休憩時間における空腹感の度合いと、血中の食欲を司るホルモンの値を調査しました。その結果、空腹感がもっとも小さかったのが「縄跳び」グループ。次が「自転車」グループだったのです。

実験結果として「何もせず」グループの空腹感と比べて、かなり差があったとか。また、食欲を司るホルモンの数値についても「縄跳び」グループがもっとも下がっていたのです。

縄跳びの効果は脂肪燃焼と食欲抑制

じつは「縄跳び」と「自転車」のグループでは、食欲を司るホルモンの減少に大きな差が見られませんでした。また、この2つの運動はエネルギー消費量がほとんど変わりません。

それでも「縄跳び」グループがもっとも空腹感が小さかったのは、縄跳びの効果によるものと思われます。縄跳びというのは自重を使って、身体の主要な筋肉や関節に繰り返し衝撃を与える運動です。

このため、縄跳びの上下運動が腸を混乱させ、食欲ホルモンの放出を抑制したと考えられます。つまり、縄跳びの効果は単なる脂肪燃焼する効果にとどまらず、食欲を抑制する効果があるのでした。

■「縄跳び効果」おすすめ記事
縄跳びの効果で痩せられるメカニズムとは?
縄跳び効果によってインナーマッスルを鍛える
縄跳び効果を最大化するロープの選び方と跳び方

■「ダイエット」おすすめ記事
「食べる順番ダイエット」意外な盲点とは?
長期的には危険だった!炭水化物ダイエット
睡眠不足と不規則な生活はダイエットの大敵
徹底検証「ダイエット」7つのウソ・ホント
1週間で効果が現れた「朝食抜きダイエット」
はらすまダイエットは体の中も健康にする!
不眠症の原因は「無理なダイエット」にあった

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事