ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

筋トレ食事メニューはタンパク質+ビタミンB6

筋トレの食事メニューに欠かせないのがタンパク質です。しかし、タンパク質は筋肉になるプロセスにやや手間がかかる栄養素。そして、そのプロセスには「ビタミンB6」が欠かせません。筋トレの食事メニューでビタミンB6が不足すると、効率的に筋肉をつけることができないのです。



スポンサーリンク
筋トレ食事メニューはタンパク質+ビタミンB6

筋トレの食事メニューに筋肉の材料

筋トレの食事メニューでタンパク質を欠かせないのは、筋肉の材料となるからです。牛肉・豚肉・鶏肉のほか、卵や牛乳、ツナ、アジやイワシなどがよく知られています。

筋トレの食事メニューとしては、こういった良質のタンパク質食材が不可欠です。ただし、ンパク質は筋肉とするためには手間がかかる栄養素でもあります。筋トレの食事メニューにちょっとした工夫を加えなければなりません。

というのも、食事で摂ったタンパク質は一度、最小単位のアミノ酸に分解されます。分解されたアミノ酸は血液によって運ばれて別のアミノ酸に組み替えられ、しかるべき場所で再びタンパク質として合成されるプロセスを経るのです。

筋トレ食事メニューにビタミンB6

そして、タンパク質の分解のプロセスに欠かせないのがビタミンB6です。さらにビタミンB6は、アミノ酸から別のアミノ酸に組み替えられるプロセスにも関与します。じつは筋トレの食事メニューにビタミンB6が欠かせないのです。

ビタミンB6は、肉や魚、卵などのタンパク質食材にも含まれてはいます。しかし、ビタミンB6が豊富に含まれているのは緑黄色野菜。赤・黄・緑の各種ピーマンやかぼちゃ、シシトウ、アサツキなどが代表的な食材です。

筋トレの食事メニューでは、せっかく摂ったタンパク質を有効利用するためにも、緑黄色野菜を取り入れることを忘れないようにしましょう。小鉢や付け合せ、薬味などとして筋トレの食事メニューに取り込むのがおすすめです。

■「筋トレ食事メニュー」おすすめ記事
筋トレ食事メニューはタンパク質と緑黄色野菜
筋トレの食事メニューで朝食抜きはありえない

■「筋トレ」おすすめ記事
インナーマッスルの鍛え方!自宅の筋トレメニュー
四股踏みは転倒予防に効果的な腸腰筋の筋トレ

■「食事」おすすめ記事
食間に薬を飲むとは食事をした2時間後が目安
薬を食後に服用といっても食事の直後は大間違い
食後寝るとき「右を下」にするのは間違いだった
食後の運動はダイエットにはまったく効果ナシ
食べてすぐ寝ると「肌が荒れる」って知ってた?
内臓脂肪の落とし方は空腹を少し我慢しての食事

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事