ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

ぽっこりお腹の解消は筋トレあとの有酸素運動

筋トレと有酸素運動、どちらがもぽっこりお腹の解消には効果的。ただし、より効率的にぽっこりお腹を解消するなら、その順番にも気を付けなければなりません。というのも、どちらを先にやるかで脂肪の燃焼効果に大きな差が出ます。ぽっこりお腹の解消は筋トレあとの有酸素運動が正解です。



スポンサーリンク
ぽっこりお腹の解消は筋トレあとの有酸素運動

ぽっこりお腹が解消する理由その1

最新の研究では、筋トレと有酸素運動を組み合わせるとぽっこりお腹の解消効果が高まるとのこと。しかも、有酸素運動は筋トレあとにしたほうが、より脂肪の燃焼効果が高まるのです。

その順番でぽっこりお腹が解消する理由その1は、筋トレを開始するとノルアドレナリンが分泌されるためです。ノルアドレナリンは脂肪分解酵素を活性化するホルモンになります。

そして、筋トレ直後は脂肪がノルアドレナリンによって分解され始めるタイミング。このときに有酸素運動を行えば、分解された脂肪がエネルギーとしてどんどん燃焼されるのです。

ぽっこりお腹が解消する理由その2

筋トレあとの有酸素運動でぽっこりお腹が解消する理由その2が、成長ホルモンの分泌があります。筋トレをすると成長ホルモンが分泌されるもの。この成長ホルモンに強い脂肪分解作用があるからです。

ただし、成長ホルモンによる脂肪分解はノルアドレナリンと比べてややタイムラグがあります。筋トレあとの2~3時間がもっとも効果的に脂肪を燃焼するタイミングです。

このため、ぽっこりお腹を解消したいなら、まず始めに筋トレをして、次に有酸素運動を30分ほど行います。そして2時間休憩したら、また30分ほど有酸素運動を行うのです。これがもっとも効率的なぽっこりお腹の解消法でしょう。

■「ぽっこりお腹」おすすめ記事
お腹ぽっこりを解消すれば血管年齢が若返る!
お腹ぽっこりは正しい姿勢だけで解消できる
お腹ぽっこりはタイプごとに解消する方法が違う
ぽっこりお腹を解消する「内臓下垂」の治し方
ぽっこりお腹が解消できる簡単ダイエット4選

■「筋トレ」おすすめ記事
インナーマッスルの鍛え方!自宅の筋トレメニュー
四股踏みは転倒予防に効果的な腸腰筋の筋トレ
大腰筋トレーニングはイスに座ってできる!

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事