ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

インナーマッスルによいホルモンは「センマイ」

インナーマッスルは深層にある筋肉のこと。インナーマッスルには姿勢を保持する役目があります。このため、インナーマッスルをを鍛えると正しい姿勢が保てることはもちろん、基礎代謝を上げることにもつながります。そんなインナーマッスルによいホルモンの部位は「センマイ」なのです。



スポンサーリンク
インナーマッスルによいホルモンは「センマイ」

インナーマッスルによいホルモン

さっそく、インナーマッスルによいホルモン部位のベスト3を紹介しましょう。インナーマッスルにおすすめホルモン第3位は「ハラミ」です。ハラミは牛の横隔膜にあたります。呼吸によってよく動く筋肉です。

このため、ハラミはやわらかいだけでなく、脂肪が付いていないという特徴があります。赤みが多くて脂分が少なく、低カロリーで高たんぱくです。筋肉を作るたんぱく質が豊富なので、筋トレ直後に食べると効果的でしょう。

インナーマッスルにおすすめホルモン第2位は「レバー」です。レバーは牛の肝臓なのはご存じのとおり。ほかの部位と違って、圧倒的にビタミンAが豊富というのが特徴。老化防止のための抗酸化作用が期待できます。

インナーマッスルに効くセンマイ

また、肝臓は解毒をする器官でもあるため疲労回復にも効果的。とくにレバーに豊富に含まれているビタミンB群が疲労回復効果を発揮します。インナーマッスルだけでなく体全体に好影響を及ぼすホルモンです。

そして、インナーマッスルに1番のおすすめは「センマイ」です。センマイは4つある牛の胃の3つめにあたる部位。センマイは脂分が非常に少なくて、たんぱく質が豊富なのです。

さらに、センマイには亜鉛が豊富なのもポイント。亜鉛は体内に入ってきた鉛などの有害金属をデトックスするのに必要になります。加えて、たんぱく質の合成を助けて筋肉を増強させるテストステロンを増やすのにも必要です。

■「インナーマッスル」おすすめ記事
高齢者もOK!インナーマッスルを強化する体操
認知症が改善!インナーマッスルで脳が活性化
高齢者もイスに座って実践!インナーマッスルの鍛え方
フラダンスで15kg減!インナーマッスル効果
腰痛改善インナーマッスルが脊柱起立筋と腸腰筋
高齢者は体操でインナーマッスルを鍛えるべし
関節痛が改善!やせるインナーマッスル健康法
真向法でインナーマッスルを鍛えて転倒防止!
インナーマッスルトレーニングは椅子でもできる
インナーマッスルを鍛えるとお腹周りが細くなる

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事