ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

ヒートショックプロテイン入浴で免疫力をアップ

ヒートショックプロテイン入浴は簡単に免疫力をアップできる入浴法。ヒートショックプロテインが増加すると、傷ついたタンパク質を修復されます。すると筋肉痛が治りやすくなるだけでなく、免疫力も増強されるのです。それを実現するのがヒートショックプロテイン入浴です。



スポンサーリンク
ヒートショックプロテイン入浴で免疫力をアップ

ヒートショックプロテインの効果

ヒートショックプロテインとは、文字どおり「ヒート=熱」の「ショック=負荷」で発現する「プロテイン=たんぱく質」です。体への熱の負荷によって細胞内に発現する特殊なたんぱく質になります。

もともとヒートショックプロテインは体内に存在する物質。このヒートショックプロテインが増加すると、傷ついたタンパク質が修復されます。そして「細胞を守る」「ストレスを防御」「免疫力を増強」という効果が現れるのです。

熱の負荷で発現するヒートショックプロテインを増加させる方法は、熱めのお風呂に入るだけ。これで筋肉痛や病気、怪我が治りやすくなるというわけです。これがヒートショックプロテイン入浴です。

ヒートショックプロテイン入浴法

ヒートショックプロテイン入浴の具体的な方法は、湯温が40度なら20分、41度なら15分、42度なら10分お風呂に浸かるというもの。感覚としては汗がじわじわと出てきて、体温がほぼ38度になるくらいが目安になります。

また、ヒートショックプロテイン入浴で忘れてはならないのが入浴後の保温です。入浴後は下着の上にトレーナーなど保温性のよい服装を心がけます。靴下も履いてしっかり保温。冷たい飲み物は体温を下げるので避けてください。

なお、ヒートショックプロテインの量が最大になるのは入浴法を行った2日後。また、この入浴法を毎日続けると体が熱刺激に慣れてしまいます。このため、週に2回ほどヒートショックプロテイン入浴を行うのが有効なのです。

■「ヒートショックプロテイン」おすすめ記事
免疫力が上がるヒートショックプロテイン入浴法とは?
血糖値を下げるヒートショックプロテイン入浴
バナナの保存期間を3週間に伸ばす方法とは?
毛穴ケアはヒートショックプロテインを活用する
ヒートショックプロテイン入浴法で健康になる

■「ヒートショック」おすすめ記事
ヒートショックは高齢者の家での死因の4分の1
ヒートショックのいいショックと悪いショック

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事