ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

ゾンビ体操は歩くときの3倍もの運動量がある

手軽に楽しく行えるのがゾンビ体操。運動しながらリラックスできます。そんなゾンビ体操で注目すべきは血流の促進です。これにより高血圧や腰痛やストレスなど多くの症状を予防・改善できます。しかも、ゾンビ体操は歩くときの3倍もの運動量があるのした。



スポンサーリンク
ゾンビ体操は歩くときの3倍もの運動量がある

ゾンビ体操のポイントは上半身の動き

ゾンビ体操は下半身の足踏みと、上半身の動きの組み合わせです。まず下半身の足踏みは、かかとを浮かせてつま先でその場で足踏みします。その場で1分間足踏みしたら15秒休憩して、また1分間の足踏みです。

再び15秒休憩したら1分間足踏みして終了。トータルで3分間、その場で足踏みすることになります。下半身の足踏みに加えて行うのが上半身の動き。じつはゾンビ体操のポイントは上半身の動きにあります。

子どもがするイヤイヤというデンデン太鼓のような動きを、その場足踏みに加えるのです。体をねじって腕をブラブラと振る動きを行います。たとえるなら、下半身が少し元気なゾンビといったイメージです。

ゾンビ体操で注目すべきは血流促進

ゾンビ体操はその場で足踏みしているので、3分間のジョギングをしているようなものです。ジョギングは歩くスピードの3倍くらいのエネルギーを使うといわれています。つまり、ウォーキングを10分間行ったことになるのです。

このため、朝昼晩に3分間ずつゾンビ体操を行うことは、1日30分間のウォーキングを行うのとほぼ同じ運動量がこなすということ。これまで定期的に運動してこなかった人にとっては、かなりの運動量です。

それが家の中で手軽にできるのがゾンビ体操。ゾンビ体操でまず注目すべきは血流促進です。首や肩の筋肉がほぐれて血液循環がよくなります。これにより代謝アップや血圧改善、冷え性解消に効果があるのです。

■「ゾンビ体操」おすすめ記事
1日3分で血管年齢が若返るゾンビ体操とは?
ゾンビ体操10分でウォーキング30分と同じ効果
ゾンビ体操の基本姿勢は肩から腕を完全に脱力
ゾンビ体操は上半身の動きが副交感神経を刺激
ゾンビ体操が血管年齢を若返らせるメカニズム

■「体操」おすすめ記事
「指体操」でアルツハイマー病を予防する!!
高齢者もOK!インナーマッスルを強化する体操
四十肩・五十肩は「ぶらぶら体操」で治す!
「尿漏れ」予防に「骨盤底筋体操」が効果的
高齢者は体操でインナーマッスルを鍛えるべし

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事