ナイス!シニア
更年期/介護/相続…40代からの新常識

血圧が高い人の朝食にはフルーツグラノーラ

日本人はちょっと塩分を多めに摂るだけで血圧が高い状態になる人が多い民族。しかも、和食には意外にたくさん塩分を含んでいます。このため、血圧が高い人は朝食に和食を避けたほうがよいでしょう。そして、血圧が高い人の朝食にはフルーツグラノーラがピッタリなのでした。



スポンサーリンク
血圧が高い人の朝食にはフルーツグラノーラ

血圧が高い人は和食でないメニュー

ご飯に味噌汁、焼き鮭に納豆、お漬物というのは、典型的な和食の朝食。このときの塩分を調べてみると、味噌汁で2g、焼き鮭で2g、お漬物で1.5g、納豆はたれを使うと0.5g。合計で6gほどでした。

塩分摂取量の目標は、血圧が高い人は1日あたり6g未満です。和食の朝食で1日分を摂取してしまうことになります。血圧が高い人は、1日3食のうち1食だけでも、和食でないメニューを食べるのがよいでしょう。

ただし、朝食を洋食すればよいというわけではありません。洋食の朝食のパンにも、じつは塩分が入っています。8枚切りの食パン1枚で0.5g。2枚食べると、それだけで1gです。

血圧が高い人にぶどうジュース3杯

チーズやハムなどを一緒に食べるなら、それぞれ0.5gの塩分を含んでいます。パンに塗るバターにも塩分は含まれるもの。単純に朝食を洋食にするだけでは、塩分を減らすことができないのです。

血圧が高い人の朝食ならフルーツグラノーラがおすすめ。フルーツグラノーラ1食分50gに含まれている塩分量はわずかに0.2gしかありません。牛乳をかけたとしても、牛乳200mlの塩分量は0.2g。ぜんぶで0.4gです。

なお、血圧が高い人には1日コップ3杯のぶどうジュースもおすすめ。ぶどうジュースに含まれているポリフェノールに、血管を広げる効果があるからです。ぶどうジュースを毎日飲むことで血圧を下げられます。

■「血圧が高い」おすすめ記事
血圧が高い人の「やってはいけないことリスト」
チョコレートの高血圧の改善効果は本当か?
チョコレートの効果といえば高血圧の改善!

■「血圧」おすすめ記事
血圧の変動幅を抑えるためのポイントとは?
腎臓病の3つのサイン「尿・むくみ・血圧」
1日10分「ふくらはぎ健康法」で血圧を下げる!!
低血圧の人が朝に弱いというのはウソだった
その場で血圧を下げる「合谷+腹式呼吸」とは
血圧を下げるには板チョコ3分の2とココア2杯
血圧を下げる方法!1日10分タオルを握るだけ!!

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事